地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2016/10/07

Deloro Wear Solutionsがピルツのドライブ技術を採用

ドライブ、制御コンセプトから機械の試運転まで: Deloro Wear Solutions GmbHの当社製品の採用事例をご覧ください。

垂直軸のある設備に最適なアドバイス

Deloro Wear Solutions GmbHは超硬工具や耐摩耗ソリューションの世界をリードするメーカです。XYZ溶接装置を保護するため、ピルツのソリューションの採用が決定しました。

パッケージには以下のサービスが含まれています:

  • 安全ドライブおよび制御コンセプトのアドバイス
  • 垂直軸の保護
  • リスクアセスメントの実施
  • 動作コンセプト全体の調整
  • システムおよびコンポーネントの選択およびプログラミング
  • 機械の試運転


垂直軸での安全モーション監視

ソリューションは制御システムPSSuniversal multiと組み合わせたモーション制御システムPMCprimo DrivePを中心としています。上位の制御システムとして、PMCprimo DrivePが機械の安全と制御の両プロセスを制御および監視します。ドライブシステムは垂直軸および水平軸を10軸まで制御します。

安全機能SSR (Safe Speed Range=安全速度範囲)、SLS (Safely Limited Speed=安全速度制限)、SBC (Safe Brake Control=安全ブレーキ制御)、SBT (Safe Brake Test=安全ブレーキテスト)、安全停止SS1およびSS2などの安全モーション機能はパフォーマンスレベルPL eまでのアプリケーションの最高の安全要件を満たします。これらの安全機能は直接ドライブ内で実装されます。垂直軸の保護は安全ブレーキテストを含む安全動作停止と2つのブレーキ制御の組み合わせによって保証されます。


安全な「ティーチイン」で生産性向上

また、「ティーチインプロセス」により機械の可用性が著しく向上します。溶接の外形寸法をティーチインポイントから計算可能であり、システムをそれから起動する場合、ティーチングは安全扉が開いている間に安全速度制限SLSで実行できます。作業者は工程を完全に確認できるため、設定時間を短縮できます。

PMCprimo DrivePはオートメーションシステムPSS 4000のプログラマブル制御システムPSSuniversal multiにサポートされます。この制御システムは非常停止やPTA設備の自動/セットアップモードなどの安全機能を監視します。溶接設備全体や制御/ドライブセクションはスイングゲートや引き戸の安全センサPSENで監視されます。オペレータターミナルPMIも安全診断に使用されます。


Motek 2016にご来場ください!

ピルツのドライブソリューションについて個別にアドバイスします。Motek(2016年10月10日~13日)で当社ブースにお立ち寄りください。ピルツのエキスパートがホール8、スタンド8410でお待ちしております。ご来場をお待ち申し上げます!


詳細情報:

ピルツドライブソリューションの概要

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de