世界中でおいしいウエハースを安全に焼き上げます!

業界関係者によると、世界中の工場で製造されているウエハースの半数は、Bühler社のFranz Haasウエハース製造機を使用して焼き上げられているとのことです。そのため、カスタマイズされたすべての設備は柔軟性が高く、何よりも国ごとの安全規格をすべて満たす必要があります。オーストリアのウエハース製造機の専門会社が、安全にオーブンを制御し監視するために、小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2のバーナバージョンを頼りにしているのはそのためです。つまり、ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータのTÜV認定バーナブロックは柔軟性が高く、世界中のカスタマイズされた各種機械のコンフィグレーションで使用できます。 

コントローラの中のバーナ

PNOZmulti 2は、機能安全および燃焼制御タスクを単一システムのトータルソリューションとして実行します。これらのタスクは、以前は個別のバーナコントローラによって実行されていたタスクです。監視には複雑な制御シーケンスが含まれるため、これは非常に難しいことなのです。あらゆるウエハース生産ラインの中核であるのがオーブンです。製品および設備のコンフィグレーションにもよりますが、生産ラインは最大35 mの長さになる場合があります。加熱は、ガス式の長いチューブバーナで行われます。バーナコントローラの最も重要なタスクは、炎の消火を監視し、最悪のケースシナリオで爆発を避けるために、必要な場合にガス供給を迅速に遮断することです。
バス機能のない一部の旧式のバーナコントローラは、すでにPNOZmulti 2に置き換えられています。Bühlerのもう1つのアプリケーション分野です。これは、モジュラ式システムで、幅広いコンフィグレーションソフトウェアを搭載したPNOZmulti 2が、ハードウェアとソフトウェアの両面で柔軟性と適応性を備えているためです。

BühlerのWafer Innovation Centerでは、板状や中空ウエハース、ウエハースロール、アイスクリームコーン、ワッフル、ウエハーススナックなど、多様なウエハース菓子の生産ラインを開発しています。

工程の最後に、ウエハースは先の尖った円錐形に成形されます。小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2のバーナコントローラは、焼き上げ工程を監視し、ガス供給を調整して、火力を制御します。

BühlerのWafer Innovation Centerでは、板状や中空ウエハース、ウエハースロール、アイスクリームコーン、ワッフル、ウエハーススナックなど、多様なウエハース菓子の生産ラインを開発しています。

さまざまな利点

  • 既存のオートメーション環境への接続: PNOZmulti 2のオープン性により、Bühler社の自動ウエハースベーキングオーブンは世界中で使用可能
  • バーナタイプは改造にも対応: コンフィグレーションソフトウェアにより、バス機能のない旧式のバーナコントローラのハードウェアやソフトウェアにも柔軟に適応
  • TÜV認定バーナソフトウェアブロックにより、国際的に使用可能

引用

「ピルツの技術を使用して、一般制御から完全に独立した安全技術をすべて実装することには、当社にとって多くのアドバンテージがあります。ただし最も重要なのは、ピルツが燃焼制御を含む国際認証を取得しているため、世界中で技術の使用を標準化できることです」

ウエハース部門の機械安全担当、Wolfgang Grassberger氏

Bühler Groupについて

創業者であるFranz Haas氏は、1940年代の終わり頃に最初のウエハース製造機を発明しました。2018年以降、同社はスイスのBühler Groupに所属しており、世界中に現地法人があります。レオベンドルフの拠点にあるConsumer Foods部のウエハース部門には700人の従業員が勤務しており、開発、デザイン、生産、販売、サービス、メンテナンス、スペアパーツ管理などに従事しています。

ピルツ製品採用事例

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com

この記事はお役に立ちましたか?