無人搬送車システム (AGVシステム) の安全な操作

無人搬送車システム (AGVシステム) の安全は当社にお任せください。あらゆる方法でサポートします!

人が無人搬送車作業空間を共有する場所、すなわち、機械には、具体的な安全コンセプトの要件があります。人と機械は同じ環境で、安全かつ円滑に作業できる必要があります。

当社はAGVシステムを総合的に見ています。当社は、設計フェーズでシステムコンセプト考案中の段階から参加し、試運転までプロジェクトに同行します。これにより、お客様の無人搬送車(AGV)システムのオペレーションの安全性と生産性を保証します。

お客様の要件

無人搬送車または無人搬送車システムの要件

無人搬送車または無人搬送車システム (AGVシステム) (複数の無人搬送車) のオペレータまたは製造業者は、ISO 3691-4の仕様に準拠する必要があります。ここでは、安全機能の要件が定義され、車両の自動機能の妥当性を確認する方法が指定されています。

ISO 3691-4はまた車両監視機能、各種オペレーティングモードおよびブレーキコントローラの要求パフォーマンスレベルを規定しています。

無人搬送車システム (AGVシステム) および自立走行ロボットの規格ISO 3691-4

ISO 3691-4規格は、無人搬送車システムで安全を達成する手順を製造業者とオペレータの両者に対して明確に規定しています。この規格によると、無人搬送車システムとは、1台以上の無人搬送車または自立走行ロボット、および設備環境の組み合わせと定義されています。

無人搬送車システムおよび自立走行ロボットを対象とする規格ISO 3691-4は、加速化する自動化車両分野の新技術の開発に対応するため2020年に発行されました。先行規格 (EN 1525:1997) は23年前に発行されており、このISO規格の発行は大幅に遅れていました。現在、無人搬送車システムの最も重要な国際規格とみなされています。欧州では、ISO 3691-4は、自走式産業用トラック (無人搬送車システム (AGVシステム) を含む) の具体的な電気的側面について記載する規格EN 1175:2020で補完されています。

ISO 3691-4の国際的な施行に加え、米国でも関連規格が2019年と2020年に更新されました:ANSI/ITSF B56.5:2019 (無人搬送車システム (AGVシステム) ) およびANSI/RIA R15.08-1:2020 (自立走行ロボット)。

国際規格の詳細情報

当社のサービス

生産施設の無人搬送車または無人搬送車システム

無人搬送車または無人搬送車システム生産施設または社内物流アプリケーションで使用されていますか?いずれかを使用されている場合、あらゆる空間およびインフラの条件を考慮した上で、システムが安全に設計されているだけでなく、安全に使用でき、とりわけ社内物流において生産的に使用できることを保証する必要があります。

当社の「無人搬送車システムの安全な操作」サービスは、国際適合性評価まで含むトータルパッケージを提供します。

社内物流に関わるすべての人々のための安全な交通および注文管理

物流オートメーションの専門家であるNAiSE GmbHと協力して、世界初の無人搬送車システムの交通および注文管理ソフトウェアを、社内物流のすべての関係者に提供しています。インテリジェントなセンサインフラと、メーカに依存しない統合通信により、注文管理ソフトウェア「NAiSE Traffic」は、交通と商品の流れをリアルタイムで分析します。このソフトウェアは、無軌道、有軌道、フォークリフトを使用する、すべての関係者の交通を調整および制御します。

完全な物流オートメーションソリューションの利点:渋滞、障害、事故を回避できます。これにりより、安全性が向上し、交通制御が最適化され、透明性、効率、生産性が向上します。

AGVシステムのある生産施設

適切なサービスを選択:

設計リスクアセスメント(DRA)

設計リスクアセスメント(DRA)

  • 無人搬送車の製造元により実施されるリスクアセスメントの審査 (現場またはリモートで)
  • 無人搬送車の使用に関する重要設計機能の確認
  • 関連の規格と規則の遵守状況の確認と、無人搬送車が法的要件に準拠していることの保証
  • 当社から次の結果を納品します。
  1. 設計図および無人搬送車の使用に関しお客様からいただいた情報に基づく無人搬送車の設計リスクアセスメント (DRA)
  2. 無人搬送車に関する設計レビューレポート
  3. 安全性と生産性を向上させるために必要な推奨対策のリスト
製造元の施設での工場受入試験 (FAT)のオプション

製造元の施設での工場受入試験 (FAT)のオプション

  • 無人搬送車の主な安全機能の詳細な分析
  • 当社から次の資料を納品します。
  1. 工場受入試験の包括的レポート
  2. 安全性と生産性を向上させるための必須/推奨対策のリスト

このサービスは、無人搬送車の製造元にとっても興味深いものです。当社はナビゲーション、制御、ブレーキ速度監視用特定の安全機能についてアドバイスいたします。そして、御社のお客様向けの適切な適合性証明書を提供します。

現地受入試験(SAT)

現地受入試験(SAT)

  • 無人搬送車システム全体の全面的リスクアセスメント
  • 使用中のすべて/一部の無人搬送車の調査
  • 環境の評価を含む、アプリケーション全体の妥当性確認
  • 現場のユーザに必要なすべての対策に関するコンサルティング
  • 当社から次の資料を納品します。
  1. リスクアセスメント
  2. 現地受入試験レポート
  3. 対策リスト

さまざまな利点

  • アプリケーション全体の安全とオートメーションのパートナーとして当社をご利用いただくことで、時間とコストを節約できます
  • 当社は、お客様のアプリケーションがISO 3691-4の要件を満たすことを保証します。必要に応じて、適合性評価手順でこれを確認します。
  • 当社は調達プロセスの初期段階で無人搬送システムの安全性をチェックします。これにより、お客様は追加コストを省き、時間を節約できます。
  • お客様が最適な組み合わせで材料を使用でき、最大の安全性を得られることを保証します。

アプリケーションに最適な製品

安全レーザスキャナPSENscan

安全レーザスキャナPSENscanは搬送システムの経路上に物体を検出すると、生産性を低下させずに、高速時でも最大の安全を確保します。無人搬送車向けの完璧なソリューション!

PSENscanは、ROS (Robot Operating System) パッケージにより、無人搬送車システムの動的ナビゲーションもサポートするため、生産物流で活用できます。

安全レーザスキャナPSENscanの詳細

これらのサービスをご活用ください

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業業務部

〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com