日本 | 日本語

お客様情報誌 - 定期的に情報を取得

"実践のための実践" がピルツお客様情報誌MENSCH UND AUTOMATIONのモットーです。お客様に付加価値を提供する安全オートメーション技術の情報を中心にお届けします。

お客様情報誌は、業界の動向報告や、専門家による見解、革新的ソリューションを紹介します。"Mensch and Automation"は年間数回発行され、ドイツ語版と英語版を合わせた発行部数は約25,000部です。

最新号の情報をオンラインでご覧ください。

MENSCH UND AUTOMATION、2020年第3号

Mensch und Automation

ご入室ください!
企業では、もちろん、権限のある従業員だけにこれは適用します。高い安全性を提供するためには、それぞれのアプリケーションに最適な安全扉ソリューションだけでなく、アクセス許可にふさわしいコンセプトが必要です。本号では、モジュラ式安全扉システムで利用可能なオプションについてお読みいただけます。

その他の内容:

  • サービスに求められるもの、ピルツのお客様のニーズに合わせたサポートについて、Stefanie KussmannとPetra Wallhofがインタビューで説明
  • 生鮮食料品の加工では、スピードと安全が重要です。そのため、Marelecはポーションカッターでピルツのセンサと制御技術を使用しています。
  • Rossini研究プロジェクトで、ピルツは衝突測定セットPRMSの提供により、産業での協働ロボットの採用増加に貢献しています。

 

ダウンロード

お客様情報誌をダウンロード

MENSCH UND AUTOMATION

MENSCH UND AUTOMATION、2020年第02号

-カスタマーサポート国際部門次長、アーント・クリスト氏が
-ピルツのお客様サービスについてインタビューで回答 スナック菓子メーカー
-ポコロコ(Poco Loco)の生産ラインのアップグレード以来、小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2が効率向上に貢献
-将来の生産で人が果たす役割とは? SmartFactory KLイニシアチブがこの疑問に対応

ダウンロード
MENSCH UND AUTOMATION

MENSCH UND AUTOMATION、2020年第01号

ピルツのプロダクトマネージメント部長、Harald Wessels氏がオートメーションの動向を解説 - 加熱技術スペシャリスト、ヴァイラント(Vaillant)社がライトカーテンPSENopt IIで独自の安全ソリューションを実装 - フォールトトレランスのある装置・システムによる新しい機能安全実装の可能性

ダウンロード
MENSCH UND AUTOMATION

MENSCH UND AUTOMATION、2019年第2号

- 事業開発マネージャFalk Ritzau氏が新システムパートナープログラムについて回答 - 厳しい産業環境にも耐えるレーダ技術で安全ゾーン監視 - EU機械指令が未来の工場の課題に対応

ダウンロード
MENSCH UND AUTOMATION

MENSCH UND AUTOMATION、2019年第1号

- Stefan Hoppe氏がインタビューでOPC UAの活動紹介 - 米国の規則に機械を適合させるための新しいサービスパッケージ - オートメーションソリューションをリレーベースの信号器具箱のインフラに統合 - 安全回路のコンフィグレーションとオフラインでのシミュレーション

ダウンロード
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp