オートメーションシステムPSS 4000

Simplify your automation!

設備や機械を安全かつ簡単に自動化する方法をお探しですか。PSS 4000オートメーションシステムは、安全とオートメーションを備え、円滑な生産を実現する最適なソリューションです。PSS 4000は、幅広い産業の多数のアプリケーションですでに実績があります。

オートメーションシステムPSS 4000はお客様の要件に合わせて個別に組み立てることができます。これは、性能の異なる制御システム、幅広いI/Oモジュール、および視覚化やエンジニアリングソフトウェアで実現できます。

必要な機能を備えたコントローラとI/Oモジュールを選択します。革新的な制御技術、PAS4000を使った簡単なプログラミング、PASvisuを使ったウェブベースの視覚化など、幅広いオプションを提供するシステムを入手できます。

 

オートメーションシステムの利点

  • オートメーションシステム全体に1つのシステムで対応
  • 安全とオートメーションを統合
  • Industrie 4.0ソリューション
  • マルチマスタ方式に従った、制御機能の分散
  • PAS4000ソフトウェアによる容易なプログラミングおよびコンフィグレーション
  • PASvisuソフトウェアによるウェブベースの視覚化
  • リアルタイムイーサネットSafetyNET p経由の安全通信
  • モジュラ設計のシステムで非常に柔軟
  • 既存の統合オートメーション構造に組み込み可能
オートメーションシステムの利点

Industrie 4.0対応オートメーションシステム

オートメーションシステムPSS 4000のコントローラは、マルチマスタ方式に準じて使用できます。リアルタイムイーサネットSafetyNET pを介して、同等のアクセス権を付与された複数のコントローラを簡単に接続できます。SafetyNET pはコントローラ間でデータとステータスを交換して、これらを同期します。これにより、他のコントローラの状況を各コントローラで確認できます。

ソフトウェアプラットフォームPAS4000から、一元的にネットワークサブスクライバすべてをプログラムし、コンフィグレーションできます。PASvisu視覚化ソフトウェアにより、プロジェクトを常時監視できます。このため、プロジェクトの規模がどれだけ大きくても、プロジェクトの処理が非常に簡単になります。そのため、お客様の個別の要件に常に迅速かつ柔軟に対応できます。

Industrie 4.0対応オートメーションシステム

制御プロジェクトと視覚化の最適な連携

PASvisuとオートメーションシステムPSS 4000

ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuでオートメーションシステムPSS 4000を最適に監視できます。PAS4000ソフトウェアから、視覚化ソフトウェアPASvisuを制御プロジェクトに直接リンクできます。これにより、プロジェクトで作成されたすべてのプロセス変数とオートメーションシステムの名前空間全体へのフルアクセスが自動的に提供されます。そのため、プロジェクトのランタイムの短縮、エンジニアリング時間の短縮、潜在的なエラーの低減などのメリットが得られます。

設備データをピルツのヒューマンマシンインタフェースPMIvisuで視覚的に表示できます。オペレータターミナルには高性能プロセッサが搭載され、視覚化ソフトウェアPASvisuがプリインストールされており、すぐにお使いいただける状態です。容量性ディスプレイには、7インチと12インチのサイズがあります。

安全とオートメーション機能の統合

オートメーションシステムPSS 4000により、安全およびオートメーションのプロジェクトを実装できます。両者が統合されます。フィードバックなしでシステムを運用できるため、人と機械の安全を常に保証します。このため、制御セクションの変更や増設は安全性に影響を与えません。

PAS4000ソフトウェアでは、EN IEC 61131-3適合のファンクションブロックによるコンフィグレーションエディタを使ったプログラミングを自由に選択できます。安全とオートメーション機能用エディタは、いつでも同時に使用できます。

こちらからPAS4000のビデオチュートリアルをご覧ください。

ビデオチュートリアル

安全とオートメーション機能の統合

ハードウェアに依存しないオペレーション

プロジェクト設定の開始時、必要なハードウェアコンポーネントがはっきりとはわからない場合があるかもしれません。このような場合でも、PSS 4000オートメーションシステムなら、問題にはなりません。PSS 4000を使用すると、ハードウェアに依存せず、プロジェクトを作成できます。対応するコンポーネントを選択する必要があるのは、プログラムがハードウェアに割り付けられる場合だけです。

たとえば、PSSuniversal PLCコントローラ2台の機能的な限界に気づいたとします。その場合、3台目のコントローラを統合するだけで解決できます。ユーザプログラムをたやすく再度分散できます。お客様にどのようなメリットがあるでしょうか?それは、プロジェクト期間の短縮です。

ビデオチュートリアルでハードウェアに依存しない動作に関する詳細をご覧ください。

ビデオチュートリアル

ハードウェアに依存しないオペレーション

製品レンジ: オートメーションシステムPSS 4000

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業業務部

〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com