日本 | 日本語

ソフトウェア、小型コントローラPNOZmulti

ソフトウェア、小型コントローラPNOZmulti

小型コントローラPNOZmultiを使用すると、設計、コンフィグレーション、文書化、試運転が簡単になります。容易な診断ソリューションでプラントや機械の停止時間を削減します。この目的にぴったりな当社のユーザフレンドリなソフトウェアツールが用意されています。ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータを使用して安全関連のユーザプログラム / 安全プログラムを作成します。小型安全コントローラPNOZmultiのハードウェアと連携して、安全機能を監視し、機械を保護することが可能です。便利で簡単に使用できます。診断用には、診断ソリューションPVISのOPC UA-ベースのツールを使用できます。
オートメーションプロジェクトをウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuを使用して管理すれば、簡単なコンフィグレーションや最適な視覚化を実現できます。よって、便利で包括的な設備の全体像を現場で、またリモートアクセスを使用して見ることができます。

主な利点

  • プログラミングの知識がなくても、複雑な安全アプリケーションを簡単にコンフィグレーション
  • ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuによる最適な視覚化
  • 診断ソリューションPVISの迅速かつ効率的なトラブルシューティングで、機械のダウンタイムを削減
小型コントローラPNOZmulti用ソフトウェアの利点

小型安全コントローラPNOZmulti用ソフトウェアの特長

PNOZmultiコンフィグレータ

  • すべての装置の機能を定義するグラフィックツール
  • 多数の安全機能にアクセス (非常停止、両手操作、安全扉の監視など)
  • ハードウェアのコンフィグレーション
  • 簡単な回路図の表示 – 事前に定義されたファンクションを使用し、機器の入出力の接続方法を表示
  • 回路図をベースユニットにダウンロード
  • 回路図のよく使用する部分をマクロファンクションに統合し、マクロライブリに保存して再利用可能

視覚化ソフトウェアPASvisu

  • タイルを使用した視覚化: 事前定義されたGUIファンクションにすべての関連する機能を搭載
  • process変数は、ツールの自動フィルタアウトで接続
  • CSS3 (カスケードスタイルシート)の機能と外観の分離により、プロジェクト内でさまざまな事前定義されたスタイルを選択可能
  • HTML5の使用により、ウェブブラウザ経由で、PC、タブレット、スマートフォンなど、ほとんどすべての端末装置でプラットフォーム横断のアクセス
  • 純粋なクライアント-サーバ機能 - リモートメンテナンスを現場の操作とは別に実行可能

診断ソリューションPVIS

  • PVISはPVIS-対応のコントローラ (小型コントローラPNOZmultiまたはドライブ技術PMCなど)からの診断情報の視覚化に使用
  • PVIS OPCコンフィグレータ、PVIS OPC Server UA、PVIS ActiveX Control UA、PVIS OPC ServerおよびPVIS ActiveX Controlから構成されるソフトウェアパッケージ

製品レンジ: ソフトウェア、小型コントローラPNOZmulti

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com