地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

プレスリリース

Category
SPS IPC Drives 2016でピルツはスマートファクトリーのオートメーションソリューションを展示します。モジュラ式生産ラインで分散型オートメーションシステムとセンサやアクチュエータとの通信方法を説明します。

オストフィルダン, 2016/09/27

SPS/IPC/Drives 2016にピルツ出展: 安全ロボット工学とスマートファクトリーが中心 - オートメーションの安全を確保

人とロボットの本当の協調作業 (HRC)を安全に実装する方法とは?また、設計技師やユーザは、モジュラ式分散型設備や機械の全体像をどのように把握し続けることができるのでしょうか?SPS IPC Drives 2016でピルツブースにご来場いただいたお客様は、これらについて詳しい説明を聞くことができます。ニュルンベルクでピルツは安全ロボット工学、スマートファクトリーのオートメーション用の新製品やサービスを展示します。

新しい研修生とデュアルシステムの学生がピルツで初日に撮影。

オストフィルダン, 2016/09/06

オストフィルダンのピルツで新しい研修年度開始 - 制限なしの教育

オストフィルダンのオートメーション企業ピルツでは新しい研修年度が9月5日にスタートしました。エスリンゲン応用科学大学(DHBW)の提供するデュアルシステムでは、6人の研修生と6人の学生が専門的なキャリアを開始します。研修の場を提供するだけでなく、ピルツは幅広いインターンシップを通して職業選択の支援も行っています。伝統ある当社は地域に深く根差し、「エスリンゲン大学応用科学友の会」の会員として、指導者としての役割を果たし、サポートを提供しています。

ピルツはシンガポールの新しい現地法人「ピルツ東南アジア」の設立式を開きました。モハマド・マリキ・ビン・オスマン国務大臣(右)とレナーテ・ピルツ取締役会長が記念の額にサインしました。

オストフィルダン, 2016/08/25

東南アジア向けの信頼できるオートメーションソリューション - ピルツ、シンガポールに現地法人開設

オートメーション企業ピルツは東南アジアのお客様へのサポートを拡大しています。政界やビジネス界の来賓を迎え、ピルツはシンガポールの現地法人「ピルツ東南アジア」の設立式を開きました。ASEAN地域のお客様は、シンガポールの専属の販売およびサービス組織から総合的なサポートを受けられます。

WindEnergy Hamburg 2016:ピルツは、風力エネルギーですでに実績のある信頼できるコンポーネントおよびソリューションを提供しています。当社の安全システム、リモート診断オプション、リモートメンテナンス、堅牢な製品タイプなどを簡単に組み込むことが可能です。

オストフィルダン, 2016/08/03

ピルツ、WindEnergy Hamburg(2016年9月27日~30 日)に出展、ホールB6、ブースB6.342 – 風力タービンのシンプルな安全オートメーション

WindEnergy Hamburgにおいて、ピルツは風力タービンの安全機能やオペレーティングモードの監視に使用できるオートメーションソリューションを展示します。ピルツブースの主な見どころは、風力タービンが規格に準拠して効率よく動作する安全速度監視の展示です。オートメーションシステムPSS 4000の安全速度監視用I/Oモジュールなどの新製品が展示されます。また、ハンブルクでピルツはCEマーキングをサポートする各種サービスの情報も提供します。

オートメーション企業ピルツは、踏切監視、安全なポイントの設定、乗客輸送の保護のための産業用途で実績のあるソリューションを提供します。写真: vitalytitov/Depositphotos.com

オストフィルダン, 2016/07/19

ピルツ、ベルリンのInnoTrans 2016(9月20~23日)に出展, ホール6.2、ブース405 - 安全で経済的なデジタル鉄道制御技術

InnoTrans 2016でピルツは産業用途で実績のあるオートメーション技術を鉄道分野でどのように利用できるのか紹介します。ブースでは、Industrie 4.0の技術を鉄道技術に導入することができるオートメーションシステムPSS 4000-Rを中心に展示します。ピルツのソリューションは最高の安全度水準SIL 4までのアプリケーションで使用できます。また、CENELECの規格の要件も満たし、RaSTAオープンプロトコルもサポートします。ピルツはバーチャルリアリティを利用して、ピルツ制御ソリューションの幅広いアプリケーション分野を来場者に体験していただきます。

CMSE®コミュニティは機械安全の専門家のためのグローバルコミュニティです。

オストフィルダン, 2016/05/31

ピルツがCMSE®-Certified Machinery Safety Expertsの国際オンラインコミュニティを立ち上げ - 世界の機械安全を推進するコミュニティ

2013年以降、オートメーション企業ピルツはTÜV Nordと共同でCMSE®-Certified Machinery Safety Expert(機械安全認定エキスパート)の資格コースを提供しています。40ヶ国を超える国で1800人以上の専門家がCMSEの試験に合格しています。受講者は全員www.cmse.comから実践的な内容の独占情報を利用できます。

ピルツの新製品シリーズPMI (Pilz Machine Interface) 6 ControlにはソフトPLCが搭載されています。このターミナルはプロフェッショナルな診断および視覚化をさらに超えた機能を提供するため、プラントの全プロセスの制御も可能です。

オストフィルダン, 2016/04/22

ピルツの新しい操作・監視製品シリーズPMI 6 Control - 視覚化と制御が一体化

新製品シリーズPMI (Pilz Machine Interface) 6 Controlは、ピルツ製品として初めてIEC 61131-3に準拠するソフトPLCが標準で装備されたオペレータターミナルです。このターミナルはプロフェッショナルな診断および視覚化をさらに超えた機能を提供し、プラントの全プロセスを1台ですべて制御できます。従って、PMI 6 Controlは包括的な診断を提供するだけでなく、”(表紙される)プラント全体”の生産性を高めることも可能です。

マーティン・フレイ(51)はオストフィルダンのオートメーション企業ピルツの新しい営業部長です。

オストフィルダン, 2016/04/21

ピルツは販売網を拡大し、さらにお客様に寄り添います - ピルツドイツの新しい営業部長、マーティン・フレイ

2016年4月1日付でマーティン・フレイがピルツの新しい営業部長に就任しました。フレイはピルツの南西営業エリアのマネージャとして勤務していました。フレイは退職したシュテファン・オールディングの後継者です。営業部のスタッフと共に、ドイツの販売網を拡大し、お客様との接点を強化する所存です。

ピルツは2016年ハノーバーメッセでPSENopt IIを紹介します。この製品はEN 61496のカテゴリPL dまで準拠するアプリケーションを実現する世界初のタイプ3ライトカーテンです。

オストフィルダン, 2016/04/06

PL dまでのアプリケーション対応の新しいライトカーテンPSENopt II - お客様のニーズにぴったり!

オートメーション企業ピルツは業界で世界初のタイプ3ライトカーテンを紹介します。現時点で新しいライトカーテンPSENopt IIはパフォーマンスレべルd (PL d)のアプリケーションを実現できます。この新しいタイプのライトカーテンにより、改訂版IEC 61496-1の「タイプ間のギャップ」が縮まりました。PSENopt IIを使用すれば、PL dの必要なアプリケーションでタイプ4に切り替える必要がなくなります。安全要件に最適なレベルの安全を新しいライトカーテンを使用して実装できるようになりました。オーバースペック品の使用が不要になり、最終的にコストを削減します。

同族会社ピルツは2015年度、過去最高の2億8800万ユーロの収益を上げました。ピルツはデジタル工場向けのオートメーションソリューションを開発しています。これらのソリューションはオストフィルダンの自社の統合生産ラインでも使用されています。

オストフィルダン, 2016/04/06

2015年度ピルツ収益、従業員数、輸出シェア伸ばす - 勢いのある堅調な成長”

シュツットガルト近郊に本社のあるPilz GmbH & Co. KGと系列会社は2015年度も素晴らしい営業成績を上げました。収益は11%増加し、2億8800万ユーロとなりました。昨年は従業員数も6%増加し、過去最高の2,030人に達しました。ピルツの2015年のR&D比率は19.8%であり、この数字はオートメーション技術の分野で最も革新的な企業の1つであることをあらためて示しています。

ピルツの堅牢な安全扉システムPSENmlockは1つの装置にガードロックと人およびプロセスの保護を集約し、特に危険なオーバーランを伴う機械に最適です。

オストフィルダン, 2016/03/18

ピルツは新しい安全扉システムPSENmlockを紹介します - 信頼性の高いドアガード

ピルツの安全扉システムのシリーズにPSENmlockが追加されました。PSENmlockは人と工程を1つの装置で最高カテゴリPL eまで保護する安全扉監視と安全ガードロックを提供します。スリムながら堅牢な設計で多数の取り付けオプションも提供するPSENmlockは、柔軟に使用でき、取り付けも簡単です。

ハノーバーメッセ2016でピルツが発表する新製品には新しい診断ソリューション「安全装置診断」が含まれ、これはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから構成されます。

オストフィルダン, 2016/03/11

新しい診断ソリューション:ピルツの「安全装置診断」 - 信頼できる診断!

ハノーバーメッセ2016でピルツが発表する新製品には新しい診断ソリューション「安全装置診断」が含まれ、これはフィールドバスモジュール、ジャンクション、安全センサPSENから構成されます。新しい診断ソリューションは、遠隔地でも、幅広いセンサデータを簡単に呼び出すことができます。サービスの実施を大幅に減らすことが可能なため、生産性が著しく上がります。

2016年4月25日から29日まで開催される今年のハノーバーメッセにピルツは"We automate. Safely."というテーマで出展し、産業用ソリューションおよび安全・オートメーションサービスを紹介します。

オストフィルダン, 2016/02/23

ピルツはハノーバーメッセ2016でホール9、スタンドD17に出展 – Your way of Automation!

2016年4月25日から29日まで開催される今年のハノーバーメッセにピルツは"We automate. Safely."というテーマで出展し、産業用ソリューションおよび安全・オートメーションサービスを紹介します。ピルツは世界初の技術も含むセンサの新製品やオペレーティングおよびモニタリングの製品も展示します。

フェイルセーフの領域で全く新しい機能: 「非永続的オンライン変更」機能により、ユーザプログラムの個別の変更がオートメーションシステムPSS 4000の制御システムに転送できるようになりました。

オストフィルダン, 2016/01/14

ピルツのオートメーションシステムPSS 4000のリリース13: 動作中に安全ユーザプログラムを変更 - セーフオートメーション用の「オンライン変更」に対応

「非永続的オンライン変更」機能により、ユーザプログラムの個別の変更が制御システムに転送できるようになりました。ピルツはオートメーションシステムPSS 4000の安全アプリケーションでこの機能を利用できるようにしています。ユーザはプログラム全体をPSS 4000ハードウェアにコンパイルおよびロードする必用がなくなるため、試運転時に時間を短縮できます。この新しい機能はオートメーションシステムPSS 4000のリリース13の一部です。その他の新しい機能にはPROFINETネットワークで通信するためのデバイスインタフェースが含まれます。

ピルツの小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2シリーズに新しいベースユニットPNOZ m B1が加わりました。

オストフィルダン, 2015/11/23

ピルツの小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の新しいベースユニット - 大型プロジェクトの基盤!

安全の標準化、接続ユニット数増加、さらにシンプルなプロジェクト管理 - ピルツの小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2シリーズに新しいベースユニットPNOZ m B1が加わりました。機能の幅が広がり(大型プロジェクトにも対応し)、機械のパフォーマンスを向上させるだけでなく、対応する増設モジュールですべての一般的なフィールドバスシステムへの接続が可能になります。

新しいピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタの建設で、ピルツはオストフィルダンの本社の社屋をピルツキャンパスに拡張しています。ピルツはIndustrie 4.0に貢献するものとして、インテリジェントな生産を導入しています。

オストフィルダン, 2015/10/01

本社の社屋をピルツキャンパスに拡張 – Renate Pilz社長: 「価値が将来を築く」ピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタ開設

オートメーション企業であるピルツは、オストフィルダンの本社にピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタを開設しました。総面積約13,500 m2のこの新しいビルは、単一の投資額としてピルツ史上最大の2,000万ユーロを投じて建設されました。その結果、ピルツは生産施設の面積を50%拡張するだけでなく、本社の社屋をピルツキャンパスに拡張しています。

Pilz GmbH & Co. KGのプロダクトマネージメント部バイスプレジデント、Armin Glaser

オストフィルダン, 2015/10/01

デジタル化、国際化、人の役割が注目を集める – オートメーションの将来を担う安全

常に存在することが当然だと思われ、なくなって初めてその存在価値に気付かされる、そんな安全には、人、機械、環境を保護する役割があります。以前は安全性とオートメーションは、少なくとも部分的に矛盾する目標を持つ、2つの異なるシステムであると一般的に理解されていました。安全機能とオートメーション技術を一緒に使用することを検討すれば、明らかに優位なスタート位置に立てることが実践で示されています。従って、オートメーションの課題をはるかに簡単に克服できます。

Pilz GmbH Co. KGの取締役会長、Renate Pilz

オストフィルダン, 2015/10/01

成長に向けた価値の重視 – 価値が将来を築く

2015年はピルツにとって特に記念すべき年です。 - ユーロッパ以外で初の生産拠点の開設 – 中国、金壇市 - オストフィルダンに新しいピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタの建設とピルツキャンパスへの拡張 - 安全とオートメーションのトータルソリューションサプライヤとしての立場を視覚的に明示する新しいロゴ。 - ピルツは独自のウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuを市場で販売 - 今年、従業員数が史上初めて2,000人を超過。 これらの兆候は、ピルツの成長を示すものです。ピルツの価値と中核的な信念が飛躍の鍵です。

Pilz GmbH & Co. KGの生産部シニアバイスプレジデント、Dirk Sonder

オストフィルダン, 2015/10/01

ピルツは、新しい生産拠点でさらなる成長の基盤を築いています。つまり、モデル状態の模範となる製造です。

Pilz GmbH & Co. KGの生産部シニアバイスプレジデント、Dirk Sonder 新しいピーターピルツ生産・ロジスティクスセンタの建設で、ピルツはオストフィルダンの本社でその生産施設の面積を拡大するだけではなく、フレキシブルで生産重視のホール設計、エネルギー効率、プロセスと労働環境の統合的な設計、さらに明確なIndustrie 4.0の重視により、会社の将来の成長の基盤を確立しています。

ピルツは、メーカやオペレータに安全とオートメーションのトータルソリューションを提供します。ニュルンベルクで開催されるSPS IPC Drives 2015で、ピルツはセンサ、制御およびドライブ技術を備え、オペレータシステムと視覚化システムで完備された拡張可能なソリューションを展示します。

オストフィルダン, 2015/09/24

SPS IPC Drivesでのピルツ (ホール9、ブース370) – ワンストップで安全とオートメーションを提供

ニュルンベルクで開催される今年のSPS IPC Drivesの展示会 (2015年11月24〜26日) で、ピルツはオートメーションタスク用の幅広いトータルソリューションを展示します。センサ技術から制御およびドライブ技術まで、ワンストップで安全とオートメーションを提供します!さらに、ホール3aの共同ブースでは、ピルツは研究プラットフォームSmartFactory KLのその他のパートナーと共に、Industrie 4.0のオートメーションコンセプトを展示します。

ローカル高速シャットダウンを装備する新しいコンパクトI/OモジュールPSSu K F EIは、オートメーションシステムPSS 4000の制御システムPSSuniversal PLCおよびPSSuniversal multiで高度なモーション監視機能を実現できます。この新しいコンパクトモジュールは安全速度、動作方向、停止機能を監視します。

オストフィルダン, 2015/07/13

ピルツの安全モーション監視ソリューションが新しく追加されました - 新しいモーション監視モジュール

ピルツはオートメーションシステムPSS 4000の安全モーション監視機能を強化します。新しいコンパクトI/OモジュールPSSu K F EIは安全速度、動作方向および停止機能を監視します。ユーザは応答時間の短縮、生産性の向上、さらに機械設備の保守・修理の簡素化などの恩恵を受けます。

ピルツは世界中の機械設備メーカにIndustrie 4.0対応の制御システムを供給しています。トータルな"既製の"オートメーションシステムがオストフィルダンの本社で製造されています。製造設備、包装機、風力タービン、踏切の制御などに使用され、安全な動作を保証しています。

オストフィルダン, 2015/06/25

ピルツが売上高や従業員数で新しい記録を達成 - 最先端技術の強い基盤

シュツットガルト近郊のオストフィルダンに拠点を置くピルツのグループ企業は、有終の美を飾り、2014年会計年度を終えました。ピルツは売上高を増やし、2億5千930万ユーロの記録を達成しました。この数字は、安全リレーおよび安全制御システムの世界市場において前年度(2013年)比11.3%の増加です。昨年度は従業員数も6.3パーセント増加し、1,922名になりました。

ピルツは公式の設立式を開催し、アジアで初の生産施設を中国の金壇市に開設しました。左から:Rachel Wang (ピルツ中国代表取締役), Li Hao (金壇市副市長), Thomas Pilz (Pilz GmbH & Co. KG経営パートナー), Di Zhi Qiang (金壇市市長), Renate Pilz (Pilz GmbH & Co. KG取締役会長), Shen Xin Feng (JTDZ行政委員会の書記長), Susanne Kunschert (Pilz GmbH & Co. KG経営)パートナー)

オストフィルダン, 2015/06/17

中国市場の安全オートメーション - ピルツが中国に生産施設を開設

オートメーション企業ピルツは中国の金壇市に生産施設をオープンしました。この欧州外の初の生産施設では、バーデンビュルテンブルクの同族会社ピルツのPNOZ安全リレーが、ピルツ全体の品質基準に従って製造されます。従って、ピルツは成長する中国市場により早く供給し、現地での地位を確立することが可能になります。

おめでとうございます:オーストラリアのシドニーで、Machinery Automation & Roboticsの電気エンジニアRod Burton氏(右)が終了試験に合格し、第1000号のCMSE® - Certified Machinery Safety Expert認定書 - を受領しました。ピルツオーストラリアおよびニュージーランド社長Scott Moffat(左)が認定書を授与しました。

Ostfildern, 2015/05/20

CMSE®は認定、国際機械安全資格の標準を設定 - 1,000 CMSE® - 認定機械安全エキスパート – ピルツによる強化

2013年にピルツはTÜV NORDと協力し、国際資格CMSE® - Certified Machinery Safety Expertを開発しました。この資格プログラムは、世界22カ国で機械のライフサイクルに関する広範な知識を伝授します。オーストラリアで、1000人目の受講者が資格を取得しました。CMSE®が機械安全の認定トレーニングの国際標準になった理由の1つです。

2015年4月より、ピルツのロゴが新しくなります。新しいロゴは、安全を中核能力としながら、オートメーションに再度スポットライトを当てます。

, 2015/04/10

安全とオートメーション:ピルツがポジショニングを表明 - 新しいロゴはオートメーションの"All in One"を強調

オートメーション企業ピルツがブランドのイメージを刷新します。オストフィルダンの同族会社ピルツがハノーバーメッセで新しいロゴを発表します。ピルツはロゴを新しくして、 安全とオートメーションのトータルソリューションサプライヤとしての立場をイメージで強調します。

ピルツは安全扉システムPSENslockに2つの新しい製品を追加しました: 拡張診断機能と、OSSD出力(出力信号切替装置)をそれぞれのガードロック装置から独立して切り替える機能を利用できます。

, 2015/04/09

診断機能と自由な設計によるメリット

ピルツは安全扉システムPSENslcokを拡張し、2つの新製品が追加されました: 1つは拡張診断機能を提供し、もう1つはOSSD出力(出力信号切替装置)をガードロック装置から独立して切り替えることができます。従って、PSENslockはタスクによって、迅速な診断または自由な設計が可能です。

オートメーションシステムPSS 4000の市場投入により、ピルツは一貫したメカトロアプローチを追及します。ソルトウェアプラットフォームPAS4000を使用してプラントをモジュール化してマッピングできます。

, 2015/02/06

ピルツが研究プラットフォームSmartFactory KLに参加 - インダストリー4.0による標準化に協力

ピルツはデモと研究プラットフォームSmartFactory KLにメンバーとして参加します。そのため、トータルセーフオートメーションサプライヤであるうピルツは、インダストリー4.0のための統一された規格の策定に積極的に関与します。初回の共同プロジェクトとして、ハノーバーメッセ2015でスマートファクトリーのデモ工場にストレージモジュールを実装します。

オートメーションシステムPSS 4000は安全センサ技術PSENと連動し、MEYER WERFTの高性能レーザ溶接技術を支えるレーザ溶接研究所の安全を確保します。

, 2014/11/12

MEYER WERFTがピルツの安全ソリューションを採用

パーペンブルクのMEYER WERFTは高性能レーザ溶接技術を研究するレーザ溶接研究所に、オートメーションシステムPSS 4000、安全センサPSEN、その他のピルツの制御および信号装置で構成される安全ソリューションを装備しました。安全扉システムPSENsgateおよびオペレーティングモードセレクタスイッチPITmodeと共に、PSS 4000がパフォーマンスレベルeおよび安全度水準(SIL) 3の最高水準の安全要件に準拠して、レーザ溶接研究所のすべての安全機能を制御・監視します。

ピルツの新しいウェブベース視覚化ソフトウェアは、最新のウェブ技術に基づく技術を採用し、操作および監視の高性能で使いやすいソリューションです。

Ostfildern, 2014/11/11

ピルツの新しいウェブベース視覚化ソフトウェアPASvisu - オートメーションを一望

ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuの発売で、ピルツの製品群に高性能で使いやすい操作・監視用のソフトウェアパッケージが加わりました。ピルツはHTML 5、CSS3、JAVAScriptなどの最新のウェブ技術に基づくプラットフォーム独立型視覚化パッケージを開発しました。PASvisuは直感的に操作でき、プロジェクトの設計を自由に行えます。PASvisuを使用すると、ピルツの制御ソリューションのユーザは設備全体を見渡すことができます。PASvisuの発売で、ピルツはセーフオートメーションのトータルサプライヤとして、製品ポートフォリオの充実を図ります。

ピルツのオートメーションシステムPSS 4000のコンポーネントは、リフトアプリケーションの安全部品としてTÜVオーストリアより認証を取得しました。そのため、リフトやリフト装置に安全且つ効率的な安全対策を施すことが可能になりました。

オストフィルダン, 2014/06/12

オートメーションシステムPSS 4000はリフトアプリケーションを保護

オートメーションシステムPSS 4000のコンポーネントは、リフトアプリケーションの安全部品としてTÜVオーストリアより認証を取得しました。リフトのオペレータやメーカは、技術的に独立し、柔軟で実装の容易なPSS 4000を使用して、これらのアプリケーションに適用する厳しい安全規則や具体的な要件に対応することができます。

トータルな安全オートメーションサプライヤ、ピルツの小型安全コントローラPNOZmulti 2用の新しいモーション監視モジュールを使用すれば、ドライブを安全かつ効率的に監視できます。

オストフィルデルン, 2014/04/17

小型安全コントローラPNOZmulti 2用の新しいモジュール - 2軸までの安全モーション監視

ピルツの小型安全コントローラPNOZmulti 2シリーズに新しいモーション監視モジュールが追加されました。2種類の新しいモジュールは、1軸または2軸のドライブの安全監視を実行します。安全機能を簡単に作成、監視できます。モジュールはあらゆる業界で使用できますが、特に工作機械の製造に最適です。

ピルツの製品シリーズPNOZcompactの新しい安全リレーPNOZ c2を使用すると、スタンダードタイプ4光線装置、または安全切り替え装置(OSSD出力)を装備するセンサを迅速かつ安全に監視できます。

オストフィルデルン, 2014/04/04

ピルツの新しい安全リレーPNOZ c2 - 高速光線装置監視

ピルツはPNOZcompactシリーズより、すべてのスタンダードタイプ4光線装置、またはEN 61496に準拠する安全切り替え装置(OSSD出力)を装備するセンサの安全監視に対応する安全リレーPNOZ c2を発売しました。わずか12 msの短い応答時間により、光線装置の取り付け位置を今までより危険源に近づけることができるため、柔軟性が高くなります。この新しいPNOZ c2は機械工学のあらゆる分野で使用できます。また、パフォーマンスレベル(PL) eおよび安全度水準クレームリミット(SIL, CL)3の最高の安全要件を満たします。安全リレーは、特に機械の連続生産に便利です。

ピルツのオートメーションシステムPSS 4000では、エディタPAS LDを使用して、制御システムPSSuniversal PLC用のEN/IEC 61131-3に準拠した安全関連および一般プログラムを作成できます。

オストフィルデルン, 2014/03/27

ピルツはオートメーションシステムPSS 4000に新しいエディタを追加しました - 安全および一般機能に対応する新エディタPAS LD

ピルツはオートメーションシステムPSS 4000のプログラミングツールに、エディタPAS LD (Ladder Diagram)を追加しました。エディタPAS LDは、安全関連と一般タスクのプログラム、またはこれらを組み合わせたプログラムの作成に使用できます。ピルツオートメーションシステム内で、新しいエディタは他のEN/IEC 61131-3 PLCプログラミング言語と自由に組み合わせ可能であり 、複雑なオートメーションタスクでも簡単に一貫して処理できます。

ピルツのオペレーティングモードセレクタスイッチPITmodeは、オプションで、工作機械の絵文字入り製品をご利用いただけます。

オストフィルデルン, 2014/03/06

ピルツの工作機械用オペレーティングモードセレクタスイッチPITmodeの新しいデザイン - 海外での使用に最適

実績のあるピルツのオペレーティングモードセレクタスイッチPITmodeは、オプションで、デザインの一新された工作機械の絵文字入り製品をご利用いただけます。標準の絵文字を使用できるため、海外での使用に最適です。 PITmodeはコンパクトなユニット1台で2つの機能(指定されたオペレーティングモードの安全な選択と機械のアクセス管理)を提供します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

プレスセンター

電話: +49 711 3409-158
Eメール: presse@pilz.de