日本 | 日本語

設備や機械の保護対策の検査

持続的な安全を保証: ピルツによる保護対策の検査

ピルツによる機械指令に適合する保護対策

設備の保護装置の定期的な点検は、安全規則に従っていることを保証するため、従業員の保護を強化し、リスクや損害賠償を最小化するための基盤となります。

お客様の要件

安全装置の製造、アップグレード、不正操作または作業プロセスの変更などは、すべて保護のレベルを損なう可能性があり、検出されない場合は、大きな損傷の原因になり、従業員の安全を損なう可能性があります。多くの国では、機械の安全装置の点検を定期的に実施することを法律で義務付けています。機械を初めて稼働する場合、また、機械が新しい場所に設置される度に、機械のオペレータは、事前に点検を実施する義務があります。頻繁に使用する機械、または安全防護物の潜在的な損傷の恐れがある機械は、定期的な点検が必要です。年に1度は点検を行うことをお勧めします。

保護対策は定期的に点検する必要があります。

当社のサービス

当社はあらゆる技術的な保護対策を検査

取り付け、状態、および安全機能の観点から、機械の技術的な安全防護物をすべて点検します。非常停止、安全扉、両手操作装置、光電子保護装置 (ライトカーテン、レーザスキャナ、およびカメラベースシステム) などの点検が含まれます。オーバーラン測定により、指定された安全距離がお客様の機械の現状に対応しているか確認します。

ピルツの安全防護物の点検には以下が含まれます:

  • すべての技術的安全防護物の初期点検: 正しい取り付け、安全機能、機械制御システムへの統合
  • 回路図で安全機能を確認
  • オーバーラン測定 (メーカーに指定された安全距離の確認)
  • すべての技術的安全装置の点検: 現状、正しい取り付け、安全機能
  • 機械点検結果に関する詳細な報告書の提示

認証取得点検サービス

ピルツドイツ(ドイツ、オストフィルダンのPilz GmbH & Co. KG) は、ISO/IEC 17020に準拠し、認証機関DAkkSより認証を取得した独立検査機関を運営しています。当社の保護対策の点検は、これらの厳格な規定の対象です。点検に合格すると、御社の機械にピルツの認定シールを貼り付けます。

さまざまな利点

  • 従業員の信頼できる保護とリスクおよび賠償責任の恒久的な低減
  • ダウンタイムを最小化し、設備の可用性を増大
  • 国内の司令および法律の要件に適合 (ドイツのBetrSichV 、オーストリアの作業用機器の使用、米国のOSHA 、英国のPUWER 、欧州のUWEDなど)。

これらのサービスのメリット:

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp