機械安全評価

機械安全チェックリストを含む適合性の概要を短期間で取得

機械安全評価では、この評価の範囲内で試験された機械の安全性と適合性のステータスの包括的な概要を提供します。  また、安全性を最適化し、適用される法律、規格、指令に準拠するために必要な対策を迅速に導き出すための対策リストやチェックリストも提供いたします。  

機械の適合性ステータスの効率的な概要把握

機械の前でタブレットを持っている男性

機械の一部は長期間稼働しており、安全性と適合性の基準を評価してからしばらく経過していますか?または、中古の設備や機械を購入したことがありますか?その場合、一般的にまず必要となるのは、現在の法的立場適用される規格に従った、それらの機械の安全ステータスのわかりやすい概要です。また、機械指令などに従って、適用される機械安全要件を満たすために実施する必要があり得る緊急のアップグレード対策に関する情報も必要です。さらに、完全な賠償責任の保護が必要です。

当社のサービス

当社は、該当する安全性と適合性の要件に関して、生産工場内の各種の機械を評価します。このプロセスでは、機械の使用場所や納入先に適用される法律、規格、指令を考慮するだけでなく、お客様の要求に応じて個別の社内仕様も考慮します。

機械の安全ステータスに関するあらゆる関連情報を、必要な技術的詳細度に応じてご提供します。その結果、すべての評価を含む明確で包括的なダッシュボードだけでなく、すべての推奨アクションを含む対策リストも取得できます。当社の機械安全チェックリストを使用することで、すべての対象機器の全体像を迅速かつ容易に把握することができます。  機械安全評価には2つのオプションがあり、お客様に最適なオプションを選択できます。

ノートパソコンの後ろでヘルメットをかぶっている女性

お客様の要件に合わせて個別にカスタマイズされたサービスパッケージ

このサービスには2つのオプションがありますので、お客様に適した方をお選びください。以下のような項目があります:

  レベル1 レベル2

安全ステータスの適合状況

安全要件への適合評価。すべての不適合事項をリストアップします。要件に基づくチェックリストには、各要件と要件への適合ステータスについての説明と評価が含まれます。規制への適合状況と評価の両方がグラフィック形式で (ダッシュボードに)表示されます。

  •  
  •  

主要リスクの評価

選択した手法に基づいて主要なリスクを評価します。要件への参照情報、リスクの分類、説明を含みます。

 
  •  

資料の確認

機械に必要なすべての資料が存在し、適切であるかどうかの概要を示します。

 
  •  

法律/企業仕様への適合性

企業の要件に照らし、また、国際要件と国内要件 (「作業用設備の使用指令2009/104/EC」など) を考慮した適合性ステータスを要約します。

 
  •  

重要な安全サブ機能の評価

試験済みの各サブ機能で達成可能な最大PLrの評価。コンポーネントの品質、アーキテクチャ、診断、エラー応答が評価されます。

 
  •  

リスク低減/推奨アクション

すべての不適合事項をリストアップし、機械を関連規格に適合させるためのリスク低減対策を示します。

  •  
  •  

アップグレード費用の見積り

対策のリストに基づいて、機械を関連規格に適合させるための費用の見積もりが作成されます。

 
  • (オプション)

さまざまな利点

懐中電灯を使用して機械を点検する男性

ピルツの機械安全評価は、関連する機械安全要件への適合性の概要を取得するための迅速で効率的な手順です。ご使用の機械に対する当社の技術評価により、時間とコストを節約できます。

  • コストの最適化

評価の詳細度のレベルに事前に合意した上で、お客様の要件に合わせて調整します。このサービスには2つのバージョンがあり、お客様に適したバージョンを選択できます。

  • 適合性と賠償責任保護の証明

結果は、各設備/機械の概要を見やすく示したダッシュボードに、お客様の要件に合わせてカスタマイズして表示します。ですから、現在の適合性ステータスを一目で確認することができます。また、必要なアクションを提案し、個々のアクション領域の優先順位も示します。これにより、リソースを非常に活用しやすくなります。  

  • 安全

この機械安全評価は、既存の機械用に特別に開発されたものです。すべてのチェックと評価では、対象の機械の安全ステータスおよび必要なアクションの概要を明確に把握することができます。

  • 効率

お客様は結果のダッシュボードとレポートを社内で個別に再利用できます。これらのドキュメントは、さまざまな評価オプションにより事前設定されています。

  • 企業方針の遵守

企業ごとの監査基準をいつでも評価に追加できます。したがって、お客様独自の方針を最初から評価に組み入れておくこともできます。

  • 国際的

お客様の世界中のすべての拠点に同じ方法を適用できます。また、ある国の機械の結果を別の国の類似の機械用に流用することもできます。

機械安全評価– 概要の説明

これらのサービスをご活用ください

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業業務部

〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com