ソフトウェアツール PNOZmultiコンフィグレータ

小型安全コントローラPNOZmultiの独自の安全回路コンフィグレーション

小型安全コントローラPNOZmultiの安全回路をコンフィグレーション

PNOZmultiコンフィグレータを使用すると、安全回路の設定をPC上で簡単に行うことができます。コンフィグレーションツールは、ピルツ小型コントローラのプロジェクトの設計、コンフィグレーション、資料作成および試運転に対応します。

グラフィックベースのWindows®に準拠するユーザインタフェース上では、すべてのファンクションがお客様の安全回路用にアイコンまたは選択メニューとして用意されています。オンラインヘルプのドキュメントを安全回路のコンフィグレーション時に利用することができます。コンフィグレーションが完了すると、ツールにより、回路のエラー原因がチェックされます。

PNOZmultiコンフィグレータのソフトウェアバージョン10.9以降、コンフィグレーションしたユーザプログラムを「シミュレーション」機能を使用して、試運転前にもテスト可能になりました。

完全にコンフィグレーションされた安全回路を認証済みに設定することで、不要な変更から保護できます。未認証であれば、安全回路のコンフィグレーションは、いつでも編集、修正、拡張できます。PNOZmultiコンフィグレータで呼び出すだけで簡単に実行できます。コンフィグレーションは、印刷して資料として使用できます。

第2世代の小型安全コントローラPNOZmultiをご存じですか? サクセスストーリーは続く!

ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータ - 新バージョン11はライセンス費用なしでご使用いただけます!

ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータ – 新バージョン11

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2に対応するソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータのバージョン11.0が利用可能になりました。無料でダウンロード、インストール後、開いて、直感的に作業できます!ソフトウェアツールは最先端技術採用の安全性を提供し、長年安全のソフトウェアのベンチマークになっています。

オートメーションの基礎を無料で入手できます!

バージョン11以降、ライセンスに重要な変更があります: PNOZmultiコンフィグレータのソフトウェアツールの「基本」機能バージョンは、ライセンス費用なしでご利用いただけます。ソフトウェアは無償でダウンロードでき、オートメーションプロジェクトで使用できます。ソフトウェアの「アドバンス」機能に関しては、ライセンス料が引き続きかかります。

バージョン11の重要な革新技術

  • 「基本」バージョンはライセンス費用不要
  • 新しい高パフォーマンスソフトウェア・アーキテクチャ
  • Windows 64 Bitシステムをサポート
  • 製品ラインの整備: PNOZ m B0、PNOZ m B1、PNOZ m B1 Burnerおよび新ベースユニットPNOZ m B0.1などのすべての第2世代ベースユニット
  • 新リレー出力モジュールPNOZ m EF 2DORを含む、すべてのPNOZmulti 2増設モジュール
  • 機能安全の要件を満たすオペレーティングモードの監視のために、新しい「MSO flex LED」ファンクションを使用して、LED出力のコンフィグレーションを実行できます。LED表示器は個別に調整できるため、柔軟に使用できます。

バージョン11を使用して新しいPNOZmulti 2プロジェクトの作成したり、既存のPNOZmulti 2プロジェクトを開いて編集したりできます。パワーフロー、診断、エラースタックなどは、通常通り、試運転やメンテナンスに使用可能です。

バージョン10.14 「長期間サポート」バージョン (2021年7月発売)

  • PNOZmulti 2、PNOZmulti ClassicおよびPNOZmulti Mini製品レンジのハードウェアを含む
  • このバージョンはPNOZmulti ClassicまたはPNOZmulti MiniのプロジェクトをPNOZmulti 2に移行するために使用可能
  • PNOZmulti Classic/Miniプロジェクトを開く、編集、作成
  • 新しいPNOZmulti 2ハードウェアは、バージョン11.0以降のバージョンでのみサポート

今すぐダウンロード! ライセンス費用不要 - PNOZmultiコンフィグレータ、バージョン11

詳細情報:

小型安全コントローラPNOZmultiコンフィグレータ、バージョン11のチラシ

ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータ - 幅広い機能

ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータを使用してユーザプログラムを作成し、小型安全コントローラPNOZmultiで機械を安全に監視・制御できます。1つのソフトウェアツールで、ハードウェアの選択から、安全機能のコンフィグレーション、文書化および試運転まで、すべてを実行できます。OPCおよびOPC UAに基づくユーザフレンドリーな診断ソリューションPVISとウェブベースの視覚化ソフトウェアを併用すれば、ダウンタイムの削減が保証されます。ソフトウェアには多彩な機能とコマンドが搭載されており、大規模なプロジェクトでも実装できます。

ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータの各バージョンはTÜVによる検査を受けます。使用の安全性は技術レポートで立証されます。よって、ユーザは小型安全コントローラを従業員や機械の保護に安心して使用できます。

今すぐダウンロード: PNOZmultiコンフィグレータ無償でもバージョン

TÜV認証書

小型安全コントローラPNOZmultiのTÜV認証書を設定

さまざまな利点

  • 既製の認証ソフトウェアブロック
  • 容易に遡及的な変更およびコンフィグレーションの調整可能
  • シンプルな汎用診断機能により、機械のダウンタイム短縮と設備の高い可用性を実現
  • さまざまなオートメーション環境や異なる通信システムに対応する世界中の安全標準
  • 迅速な試運転・配線の工数削減 - ぜひお試しください!

さまざまな特長

安全回路の配線の代わりにコンフィグレーション

  • 直感的な操作: 安全回路の作成は極めて簡単
  • 自由にコンフィグレーション可能: すべての入出力のパラメータは、ソフトウェアツールを使用して数クリックするだけで簡単に設定
  • ロジックオペレータを使用してこれらを接続し、ドラッグ・アンド・ドロップで安全回路を作成
  • すべての機能、ロジックファンクション、出力ファンクションをワークスペースで選択

自動エラーチェック、変更に対する保護

  • 安全: ソフトウェアツールが作成された安全回路にエラー原因がないかチェック
  • 保護: 完全なコンフィグレーションを認証済みにすることで不要な変更から保護
  • 柔軟: 未承認であれば、回路図をいつでも編集、変更、拡張可能。
  • シンプル: 回路図のコンフィグレーションを印刷するだけで文書を作成

製品レンジ: ソフトウェアツール PNOZmultiコンフィグレータ

PNOZmultiコンフィグレータのライセンス

ライセンスキーを購入し、PNOZmultiコンフィグレータのあらゆる利点を堪能ください。お客様の要件に基づいて、ベーシックライセンスからプロジェクトのアップグレードライセンスまで様々な選択肢が用意されています。
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com