EN/IEC 61496

EN/IEC 61496「機械類の安全性 - 電気的検知保護設備 - 第一部: 一般要求事項及び試験」では、電気的検知保護設備(ESPE)の各タイプ安全度水準(SIL - IEC 62061適合) / パフォーマンスレベル (PL – ISO 13849適合)の関係を明確に規定しています。この関係は次のように定義されています。

以下に適合するアプリケーション用: タイプ1 タイプ2 タイプ3 タイプ4
EN ISO 13849-1   PL c PL d PL e
EN/IEC 62061   SIL 1および
SIL CL 1
SIL 2および
SIL CL 2
SIL 3および
SIL CL 3

したがって、タイプ2ライトカーテンなどは,パフォーマンスレベルcまでのアプリケーションで使用する必要があります。長期間、規格の第2部ではタイプ2とタイプ4のみが定義されていました。2020年、第4版にタイプ3が追加されました。これはパフォーマンスレベル d.


までのアプリケーションで使用できます。


2.テストの仕様

第1部ではすべてのESPEに適用する環境試験の一般要求事項が定義されています。第4版が2020年に発行された際、これらの要件はEMC指令などの新しい包括的な指令や規格の要件に適合するよう変更されました。環境による影響の試験の手順書も改訂され、必要に応じて包括指令や包括規格に記載されたテスト手順が実施、または参照されます。安全の認証のために以下の環境による影響の試験が必要です:

• 周囲温度および湿度

• 電気的干渉

• 機械的影響

• ハウジング保護等級

• 外部光の影響

ピルツのライトカーテンの正規の防水

EN/IEC 61496に適合するESPEの場合、適合宣言書発行には、独立検査機関による型式試験が必要です。 規格は明確には整合化されていないため、機械指令の適合性の推定は適用されないためです。ピルツのすべてのPSENoptライトカーテンは、EN/IEC 61496の第1部および第2部に従って型式試験を実施しています。ライトカーテンはタイプ2、3、4、分解能14 mm(フィンガープロテクション)以上が用意されています。そのため、すべてのPL eまでのアプリケーションに使用できます。市場初のタイプ3ライトカーテンで、当社はPL dまでのアプリケーション用の規格に準拠するコストパフォーマンスのよいソリューションを提供します。

以下のテーブルは製品レンジの概要と対応するSIレベルおよびパフォーマンスレベルを表示します: 

型式 PSENopt PSENopt Advanced PSENopt II PSENopt slim
分解能

ハンドおよびボディプロテクション、アクセスガード

フィンガーおよびハンドプロテクション フィンガー、ハンド、および
ボディプロテクション
フィンガーおよびハンドプロテクション

EN/IEC 61496-1/-2に準拠し、認証取得
タイプ2 タイプ4 タイプ2 タイプ4 タイプ3 タイプ4 タイプ2

タイプ4

EN ISO 13849-1 EN/IEC 62061に準拠するアプリケーションで使用可能 PL c
SIL CL 1
PL e
SIL CL 3
Pl c
SIL CL 1
PL e
SIL CL 3

PL d
SIL CL 2

PL e
SIL CL 3

PL c
SIL CL 1

PL e
SIL CL 3

機能/特徴 フィードバック監視、 リセット、承認、診断

フィードバック監視、リセット、承認、 診断とミューティング、 ブランキング、カスケード

診断、死角なし、高い堅牢性、PDP67とのpin互換性、コード化、省配線

フィードバック監視、診断、カスケード

 
製品へ:

規格の改正時に、ESPEを固定で使用する場合の機械試験の一部に、2つの衝撃クラスが定義され、クラス3M4は、最大加速度が15 g、クラス3M7は、 最大加速度が25 gと規定されました。当社のPSENopt IIライトカーテンは、50 gまでの加速度を達成できるため、 最高クラスに分類されます。そのため、非常に大きな衝撃にも耐えます。

PSENopt IIライトカーテンの堅牢性をお客様ご自身でお確かめください。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com

この記事はお役に立ちましたか?