日本 | 日本語

機械のリスクアセスメント

体系的な危険源の評価

機械安全の第1ステップ: リスクアセスメント

個別の要件に合わせて、機械指令2006/42/ECに準拠して体系的に実施されるリスクアセスメントによって、ピルツは安全対策の最も重要な基盤を提供し、機械安全を保証します。

お客様の要件

個別の要件にカスタマイズ: 当社のリスクアセスメントは機械指令2006/42/ECに準拠しています。

法的要件と個別の要件を統合

機械設備のリスクアセスメントのため、オペレータおよび製造業者は、国内の法律や国際指令および規格に適合するコンセプトが必要です。そのため、お客様の設備と機械を実用的かつ構造的に、さらに目標を絞って評価する必要があります。

最初からお客様をサポート

ピルツの経験豊富なスペシャリストがお客様の機械の具体的な要件に合わせたリスクアセスメントの基盤を作成します。当社は常に御社の方針、社内の手順、運用に関する要件に従って作業を行います。

当社のサービス

当社はお客様と協力して、該当する国内外の規格および指令に従って、お客様の機械の技術的な検査を実施します。確定した情報に基づいて、機械の安全対策をそれから定義し、優先順位を決め、実装します。

ピルツの(機械の)リスクアセスメントには以下が含まれます:

  • 適用する規格、規制および手続きの決定
  • 機械の限界の説明
  • 適用する国内および国際規格に準拠した機械の点検
  • 既存の危険源の特定と評価
  • 機械のライフサイクルの関連するすべてのフェーズにおける危険源の調査
  • リスクの見積もりと評価
  • リスク低減のため推奨する手順
御社の機械の技術点検をお客様と共に実施します。

さまざまな利点

御社の要件に合わせて実施される体系的なリスクアセスメントによって、御社の従業員が作業やメンテナンス中にさらされる既存の危険源を特定できます。御社の生産設備の包括的な安全の基礎を築きます。

  • 効果のある経済的なリスクアセスメント
  • 危険源の早期特定によって機械の寿命を延長
  • 適用する規格および指令に準拠し、機械指令への適合性を保証
  • 適切な安全対策を実装しながら時間とコストも節約

機械安全対策の次のステップ

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp