日本 | 日本語

機械設備のシステム実装

安全の迅速な導入

機械安全の第4ステップ: システムの実装

個別の機械を設備に組み込む場合、或いは、既存の機械の安全性を最適化する場合、通常は時間が非常に限られています。ピルツは、安全対策を安全かつ必要な期限内に導入するようにサポートします。

お客様の要件

安全対策の迅速な実装

安全対策の実装は機械のネットワーク化や既存の設備の改造を行う際、重要な役割を果たします。しかし、通常、非常に限られた時間で実施しなくてはなりません。そのため、迅速で的を絞った対策が必要不可欠です。

機械安全の強化に直結

安全システムやそれらの実装費用がオートメーションや安全プロジェクトの費用を決定する要因とならないlようにすることが重要です。当社は安全対策の実装をシステム実装の一部として行います。

当社の経験豊富な技術者が、御社の機械に適切な安全対策を実装します。

当社のサービス

経験豊富なプロジェクトマネージャが生産プロセスで発生する制限が可能な限り少なくなるよう対処します。

安全機能を実装する際、当社の経験豊富なプロジェクトマネージャは、生産プロセスに対する制限を最小限に抑えます。プロジェクトの開発でも、機械的、電気的、油圧部品の設置を行う場合も、当社は既存の設備条件を考慮して、ダウンタイムを最小限に抑えます。

ピルツによるシステム実装には以下のフェーズが含まれます:

  • プロジェクトの計画および管理
  • アクチュエータ、センサ、および制御装置などの必要な部品の選定および調達
  • 必要な機械的構造の設計および組み立て
  • 必要な電気パネルの設計と試験
  • 電気システムおよび制御システムの設置
  • 視覚化システムのプログラミングおよび制御
  • システムの試運転
  • サプライヤと請負業者の選定
  • 機械のオペレータおよび保全担当者のトレーニング
  • 構造化されたプロセスに従った、開発プロセスを追跡する資料の提供

さまざまな利点

当社の世界中のネットワークで、御社のプロジェクトを目的に沿って、時間どりに実現:

  • 長年のアプリケーションの経験豊富な専門家にタスクを委託
  • 関連する規格や指令に準拠する安全システムを実装
  • 最小のコストとダウンタイムでシステムを実装

機械安全対策の次のステップ

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp