日本 | 日本語

機械安全のための安全の妥当性確認

保護対策が正しく実装されていることを確認

機械安全の第5ステップ: 安全の妥当性確認

機械設備の安全の妥当性確認をご利用いただくと、保護対策が正しく実装され、安全システムが完全に機能していることを保証できます。

お客様の要件

当社のエンジニアが、お客様の機械の安全上重要な要素や安全機能を点検します。

機械の安全ライフサイクルにおける妥当性確認

ISO 13849IEC 62061IEC 61508などの国際安全指令および規格では、機能設計に関係なく、機械の製造業者および事業者が定期的に安全システムの妥当性を確認することが求められます。機械の安全ライフサイクルと必要な安全対策の実装に関する十分な知識が必要不可欠です。
しかし、実装された安全対策がすべての要件を満たし、最新の安全規則やベストプラクティスに従って実装されているかどのように確認すればよいのでしょうか?ピルツの安全の妥当性確認がそこでお役に立てます。

当社のサービス

効果的な安全の妥当性確認のための構造化された方策

設計の段階で妥当性確認のプロセスを計画する際、妥当性確認に必要なすべての対策、ステップ、資源を定義することが重要です。当社は、設備や機械の安全上重要な要素の点検や、必用な安全機能の点検のための構造化された方策を提供しています。

ピルツの安全の妥当性確認には次のサービスが含まれます:

  • 既存の設計対安全要件の評価
  • 選択した部品の評価
  • 設置されたセンサおよびアクチュエータの点検(配線を含む)
  • 安全関連ソフトウェアおよびハードウェア機能の試験
  • 機能試験および故障シミュレーションの実施
  • 以下の作成:
  • 結果および必要な対策の詳細が記載されたテストレポート
当社は、設備や機械の安全上重要な要素を点検するための構造化された方策を提供しています。

さまざまな利点

  • 妥当性確認および認証に関するすべての面を考慮
  • 安全対策の適合性と設備全体の安全性を保証
  • ソリューションが、独立した安全の妥当性確認を必要とする規格に適合していることを表示

人とロボットの協働 (HRC)。安全性を保証!

協働ロボットの安全の妥当性確認には、衝突測定セットPRMSを使用します。

ピルツは、ロボットシステムの個々のライフフェーズに合わせてカスタマイズされたサービスポートフォリオにより、人とロボットが協働する安全なアプリケーションの実装を支援します。人とロボットが、より接近して安全に連携できるようにします。協働ロボットの安全の妥当性確認には、当社の衝突測定セットPRMSを使用します。この製品は力と圧力を記録します。そのため、ISO/TS 15066に準拠して規定された有効な痛みの限界値への適合を保証できます。

PRMS衝突測定セットへ

機械安全対策の次のステップ

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp