特殊用途機械の柔軟な保護

有名な自動車メーカでショックアブソーバのための新しい組み立てセルを稼働させる前に、特殊用途機械メーカ、HAHN Automationは洗練された安全コンセプトを必要としていました。長期的なパートナーであるピルツは、組み立てセルを保護するための柔軟なソリューションを開発するための基盤としてリスクアセスメントを行いました。このソリューションは、他の設備でも使用できるソリューションです。

Hahnの自動化されたアセンブリシステムに必要な安全ソリューションは、同様の設備で使用できるように、柔軟なモジュラ式の拡張可能なものにする必要があったため、ピルツの小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2を選択しました。

ビルディングブロックの原理に従った安全コンセプト

Hahn Automationの組み立てセルでは、3シフト運転の一環として20秒間隔でショックアブソーバを生産しています。位置検出に使用するピルツのRFID式安全近接スイッチPSENcodeと組み合わせることで、1組のライトカーテンを使用して2つの介入エリアを安全に保護します。

ピルツのリスク分析では、組み立てセルに2つの介入領域と5つのメンテナンスフラップを設けて、適切な保護対策を講じる必要があることが示されました。要求される安全ソリューションは、同様の設備で使用できるように、柔軟なモジュラ式の拡張可能なものにする必要があったため、小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2を選択しました。PNOZmulti 2は、モジュラ式ハードウェアプラットフォームと幅広い増設モジュールを備え、安全および監視機能を網羅します。PNOZmultiコンフィグレータを使用して簡単に操作できます。PCに安全コンセプト全体を簡単に実装できます。介入領域は、RFID式安全近接スイッチPSENcodeと1組のライトカーテンで安全が確保されます。同等の非接触安全扉システムPSENslockは、安全扉の監視に使用されます。Hahn Automationは柔軟に、この高度な安全ソリューションを将来の組み立てセルで使用することもできます。

さまざまな利点:

  • 安全ソリューションは柔軟性が高く、モジュラ式で拡張可能
  • モジュラ式ハードウェアプラットフォームと幅広い増設モジュールを備えたPNOZmulti 2は、必要な機能をすべて網羅
  • コントローラ、安全センサ技術、分散型周辺機器で構成されるソリューションは、最高の安全要件に適合

引用:

「ピルツとは長期的に対等なパートナー関係があり、安全に関するあらゆる問題に対して信頼性の高いサポートを受けています。当社の電気技術スタッフは非常によく訓練されていますが、DIN EN 13849規格関連面は非常に複雑です。ピルツは、技術、製品、および効率的なソリューションに関するあらゆる質問に対応できる優れたパートナーです。当社と協力して、最適な顧客向けソリューションを提供してくれます」

電気設計チームリーダー、Dirk Scherer氏

HAHNオートメーションについて

HAHN Automationは、HAHN Groupに属する国際的な企業であり、世界中の12拠点に約800人のスタッフを擁しています。Hahn Automationは、過去25年に渡って、特に組み立て工程およびテスト工程の自動化のための効率的なソリューションを開発してきました。対象となるのは、自動車、消費財、電子産業、および医療技術の業界です。

ピルツ製品採用事例

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com

この記事はお役に立ちましたか?