Rail 4.0に対応しましょう。

鉄道輸送のデジタル化

デジタル化

鉄道輸送はデジタル化によって、旧式装置の近代化、容量や信頼性の向上、資源にやさしい的確なメンテナンスおよび修理の実現を必要としています。当社は鉄道産業のデジタル化の要件に対応する、実績のある安全ソリューションでサポートできます。

産業のデジタル化に積極的に取り組むIndustrie 4.0の草分け的存在であるピルツは、鉄道のオートメーションソリューションにその経験を活かしています。踏切や、旧式のリレー技術の置き換えなどの一般的なアプリケーションだけでなく、まだソリューションが存在しない全く新しいアプリケーションにも対応します。

御社もピルツをパートナーにお選びください。

安全のエキスパート

安全のエキスパート:

  • 当社の中核能力の安全を鉄道安全のオートメーションソリューションで活用
  • SIL 4に適合する鉄道輸送のアプリケーション用の十分に吟味された安全ソリューションを提供
  • オートメーションシステムPSS 4000-RはPLCコントローラおよび多数の電子モジュールで構成され、CENELEC規格に適合:EN 50121, EN 50126, EN 50128, EN 50129, EN 50155およびEN 45545
ソリューションサプライヤ

ソリューションサプライヤ:

  • ハードウェアコンポーネントからトータルソリューションまでプロジェクト計画の作成とエンジニアリングをサポート
  • 当社の柔軟なオートメーションシステムは、例えばクレーンの監視、事業所のアクセス管理、修理工場の安全制御タスクといった、複合輸送やメンテナンスの新しいアプリケーションの理想的な基盤にもなります。

 

デジタル化を推進

デジタル化を推進:

  • 当社のネットワーク接続可能なモジュラ式のソリューションは、お客様のニーズに合わせた細かい調整が可能です。
  • 当社は、西欧の鉄道事業者による組織「EULYNX」が目標としている新しいモジュラ連動技術の統一規格の開発・提供を支援しています。

パートナー企業からの推薦:

当社の加入団体:

実装済みのプロジェクトの例をご覧ください。

当社の成功事例

ピルツはEULYNXのパートナー

EULYNX組織

EULYNXはインタフェースの標準化を通して、制御および安全技術のコンポーネントの互換性を実現することを目指しています。具体的には、異なるメーカーのモジュールを相互接続し、システムを構成可能にする必要があります。当社は安全技術の専門知識によって、この組織を支援しています。

現在、当社のオートメーションシステムPSS 4000-Rのコントローラが、分岐器の現場機器制御装置として、他社製のコントローラと通信する方法についての研究に参加しています。それに伴い、当社のシステムはRaSTA規格をサポートします

EULYNXの詳細情報

詳しい情報はこちらをご覧いただくか、当社にお問い合わせください。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com