日本 | 日本語

成功事例

当社の成功事例

お客様の設備や機械を自動化する場合、御社の世界の従業員にトータルで安全なソリューションを提供する、安全オートメーション技術リーダである当社にお任せください。お客様の成功事例を当社と一緒に作りましょう!

当社はお客様と共に、アドバイスからトータルソリューションまで、お客様の仕様に合わせてオートメーションを妥協することなく、安全と生産性が調和する洗練されたオートメーションコンセプトを開発します。

こちらで産業および製品ごとに分類された当社の成功事例をお読みいただけます。

成功事例
製品
業種
フィルタのリセット
Ehrlich Brothersにとって、完璧なイリュージョンを作り出すには、二人のアーティストのプロ意識だけではなく、複雑な舞台技術やイベント技術が必要とされます。安全も大きな役割を果たします

ライトカーテンをマジックで採用 - 舞台を一掃!

Ehrlich Brothersは、定期的なショーで披露するイリュージョンで観客を魅了しています。マジックと技術がスムーズかつ安全に、例外なくすべてのプロセスで連動する必要があります。ピルツの柔軟なタイプ3ライトカーテンPSENopt IIは、アクションエリアの技術を検出し、ステージ端の移動カメラが安全に監視されていることを保証します。

詳細
VT AGロゴ

各種ポイントに対応する市販コントローラ

スイスのVT Verkehrs- und Industrietechnik AG (VT AG)は、線路およびポイント製造に特化する企業ですが、異なるタイプの8つのポイントを中央で制御および監視するシステムを近代化する作業に直面しました。VT ATはピルツと共同で、鉄道アプリケーション用のオートメーションシステムPSS 4000-Rをベースとする市販のソリューションを開発しました。その結果、あらゆるタイプのポイントに対応する集中型コントローラが開発されました。

詳細
Marelecロゴ

PL eに準拠する食品のポーション分け

ベルギーの機械メーカMarelecは、ポーションマシンを開発しており、肉や魚が精密な重量にスライスされます。これらの「Portio」シリーズの機械は、1秒あたり、最大17回の切断作業を行います。生産性が高いだけでなく安全であることを保証するため、ピルツは、パフォーマンスレベルPL eの適切な安全コンセプトを作成しました。

詳細

トルティーヤチップの生産ラインの効率向上

ベルギーのアメリカ風メキシコスナックを製造するトップメーカーの1つであるポコロコは、生産ラインの効率向上とプロセス最適化のため、設備の最新化を行うことに決定しました。小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2と対応するソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータがポコロコの効率的な安全ソリューションとして使用されています。

詳細
ボンバルディア社ロゴ

新しい列車のストレスフリーな試験条件

カナダのボンバルディアグループはベルギーの都市ブリュージュで鉄道車両を製造しています。列車が国際鉄道ネットワークで走行可能になるには、機能試験や電気試験に合格する必要があります。高電圧試験設備で、ボンバルディアは1,000ボルトの高電圧をかけて、列車1台につき5,000以上の接続ポイントの試験を実施します。ピルツが必要な安全コンセプトの開発と実装を担当しています。

詳細
PSS 4000-Rで安全な移動

信頼できる鉄道の遠隔監視

鉄道の駅や信号器具箱には、あらゆる細かい情報が集中します。列車や乗客が目的地に安全かつ定時に到着するよう、プロセスをスムーズに実行できる必要があります。これを保証するため、スイス鉄道のパイオニアIEDはピルツと共同で、オートメーションシステムPSS 4000-Rに基づいた、入換操作の安全な実装のためのモジュールを開発しました。

PSS 4000-Rで安全な移動
Herbst Maschinentechnik GmbHロゴ

安全扉ソリューションがフラップを閉じたまま保持

納品の直前に基本的な枠組みとなる条件が変更になったため、水平ミキサの安全コンセプトをできるだけ早く調整する必要がありました。数日以内に、ピルツは特殊用途機械メーカのHerbstと協力し、安全扉システムPSENmlockを組み込み、新しい要件を満たしました。

PSENmlockで安全ガードロック
Seilbahn Zugspitzeロゴ

Zugspitzeケーブルカーの安全とオートメーション

FREY AGとの協業により、ピルツは“Zugspitzeケーブルカー”のケーブルカーシステム全体を制御する安全オートメーションソリューションを開発しました。このソリューションを選んだ決定的な理由は、オートメーションンシステムPSS 4000は安全機能とオートメーション機能の両方を制御できるためです。

PSS 4000によるトータルオートメーション
Wächter Packautomatik GmbH & Co. KGのロゴ

PSENslockとPNOZmulti 2を用いた折りたたみ技術

フレキシビリティ、効率性、安全性は、包装産業において、特にラインの最終段階プロセスに欠かすことができません。カートン用ケースエレクタを開発する際、Wächter Packautomatikは意図的にピルツを選びました。PNOZmulti 2とPSENslockを使用して、アプリケーションに関する要求条件がすべて満たされました。

PNOZmulti 2とPSENslockの効率的なデュオ
SRW Automation & Serviceロゴ

安全ライトカーテンPSENopt IIによる安全手順

SRWはピルツのバリアフリーの安全ソリューションを2つの設備で採用しました。箱詰め機の箱詰め作業場では、送り込まれた箱をコンベヤ技術で上昇させ、ロボットが輸送コンテナに積み上げて行きますが、タイプ3ライトカーテンPSENopt IIがこの工程を保護しています。

タイプ3PSENopt IIによるバリアフリーソリューション
HomagグループAGのロゴ

PNOZmulti: 継ぎ目のないオートメーション

家具業界向けの機械のへり処理では、HOMAG社は主にハイパワーレーザに頼っているため、自由にコンフィグレーション可能なピルツの小型安全コントローラPNOZmultiも頼りにしています。そのためHOMAGは、機械の作業者が現場で直面する潜在的な危険を防いでいます。

PNOZmultiで保護
Xactools GmbHのロゴ

すべてのドライブに対応するピルツサーボアンプ

Xactools社は、供給技術、パレタイジングおよび測定技術での特殊なオートメーションソリューションに特化した企業です。ピルツの汎用サーボアンプPMCtendo DD5とProfinet接続を使用して、同社はすべてのモータをすばやく、正確にそして簡単に制御できます。

あらゆるドライブに対応するパワフルなコントローラ
Schweizer Electronicロゴ

オートメーションシステムPSS 4000で列車を安全に移動

鉄道技術に特化するSchweizer Electronic AGは、列車の建設現場、踏切、無線遠隔制御システムを保護する革新的なソリューションを提供しています。ボンバルディアからの貨物列車の遠隔制御で、オートメーションシステムPSS 4000-R(ail)が受信機と列車制御間のインタフェースとして、信号の実行可能性と一貫性をチェックし、要求されたSIL3に準拠する安全性を保証しています。

PSS 4000で鉄道を保護
De Lijn社ロゴ

オートメーションシステムPSS 4000によって、地下鉄のダイヤがより正確に

旅客輸送事業者であるDe Lijnは、ベルギーの主要都市アントワープで地下鉄網を運営しています。街の中心部の地下の、3本の地下鉄路線が交わる場所で、旧式の制御技術から業界で実績のあるSIL 4適合オートメーションシステムPSS 4000に置き換わりつつあります。更新は、通常の運行を止めることなく段階的に行われました。

鉄道運行管理用のオートメーションシステム
Adolf Brodbeck GmbH + Co. KGロゴ

複製可能なオートメーションソリューション

レトロフィットなどでの新規開発において、機械設計企業Brodbeck社は、複数の設備に転用できる、ピルツの安全ソリューションと部品を評価しています。制御システムPNOZmulti 2と同様に、安全扉システムPSENmlockおよびRFID式安全近接スイッチPSENcodeもその対象です。

複製可能なオートメーションおよび安全ソリューション
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com