法律、規格 – 機械安全に関連する知識

ノートパソコンの前に座り、紙に書かれた文章を読む人

過渡期の技術、より効率的な生産およびオートメーションコンセプトの到来により、機械安全の領域においてインテリジェントな安全ソリューションが求められています。ますます複雑になる製品や、規格と法律の変更により、持続的な知識の移転が必要とされています。無数の規則が存在する中、設備と機械の安全とセキュリティにとって何が重要となり、どのような規則、指令、規格が適用されるのでしょうか。世界のほとんどの国には機械安全の要件を満たす強制的な規則があります。これらは強制力のある法律から、あまり強制力のない推奨事項までさまざまです。概要はこちらでご覧いただけます。

ニュース

概要

Safety Compendium - 機能安全の参考資料

Safety Compendiumでは規格や指令への対応が説明されています。この資料は機能安全とそれに付随する課題に取り組む機械工学およびプラントエンジニアリングに携わる方を対象とする資料です。現在、Safety Compendium第5版が発行されています。

詳細:

  • 製造物責任法を含む製造物責任
  • 規格、指令、法律
    - CEマーキング
    - 産業用ロボット使用のための規格仕様
    - 安全な人とロボットの協働(HRC)
    - EN ISO 13849-1に準拠する安全なプログラミング
  • 機械指令および対応する規格に準拠する保護装置
  • 安全制御技術およびIndustrie 4.0の安全、安全通信、安全モーションコントロール
  • 機械式、空圧式および油圧式設計
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業業務部

〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com