日本 | 日本語

機械安全のための安全設計

機械安全の第3ステップ: 安全設計

ピルツの安全設計は御社の要件に基づいて開発されます。潜在的な危険源を早い段階で考慮します。実装によるお客様の機械設備のコストおよび生産性への影響を最小限に抑えるようにします。

お客様の要件

機械のライフサイクルにおける安全設計

機械を新規製造、改造、変更する場合、その後のコストが発生したり、機械の可用性低下、或いは設備の不具合が発生したりすることがよくあります。これらに、詳細な安全設計で対抗することが可能です。特定された期限源を低減し、除去します。必要な保護対策の詳細な評価の他、予見可能なヒューマンエラーも考慮する必要があります。

ピルツの安全設計は御社の要件に基づいて開発されます。

当社のサービス

国際企業向けの個別の安全設計を承ります。

安全対策の詳細な割り当て

グローバルソリューションサプライヤとして、当社は国際企業向けの個別の安全設計に対応します。ピルツの安全設計は世界中の要件を満たし、世界各地で有効です。設計技術、規格および安全技術の長年の経験に基づいて、お客様のための構造化された設計プロセスを導入します。

ピルツの(機械設備の)安全設計には以下のフェーズが含まれます:

  • 安全要件の規定
  • 定義された危険源に対する安全対策の詳細な割り当て
  • 部品の選定
  • 設計の確認および妥当性確認の検討
  • IEC 61508に準拠するエンジニアリングプロジェクトのベストプラクティス監理

さまざまな利点

当社の構造化された方策では、カスタマイズされたコンセプトを実装すると、時間とコストを節約できるだけでなく、機械が確実に指令に適合するようになります。

  • 機械指令や国際規格を含む関連する条項に準拠した作業
  • 当社の安全エキスパートのサポートで御社の負担を軽減

機械安全対策の次のステップ

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp