日本 | 日本語

権限のある従業員のみアクセスおよび進入を許可!

ITシステム経由で機械に不正アクセスが可能であった場合、最良の扉の安全対策またはアクセス制御が役に立たないものとなってしまいます。機械安全産業サイバーセキュリティの両者を考慮した全体的な安全コンセプトが必要とされています。セキュリティの欠陥が発生した場合、考えられる2つのシナリオとして、品質の欠陥や予期しないダウンタイムがあります。権限のある従業員のみが制御システムにアクセスし、制御システムの不正操作を外部からの攻撃から保護することがますます重要になっています。

当社は御社の機械の安全だけでなく、産業サイバーセキュリティも考慮する首尾一貫した機械のアクセスコンセプトを提案できます。こちらにセキュアなアクセス制御のためのソリューションをまとめました。

セキュアなアクセスとセキュアなデータのための当社のソリューション

各企業で不要なアクセスから保護する必要のあるエリアがあります。しかし、人を機械から保護するだけでなく、機械を人から保護することも重要です。したがって、機械安全と産業用ITセキュリティを等しく考慮する必要があります。
オペレーティングモードの選択およびアクセス承認システムPITmode fusionモジュラ式安全扉システム、小型コントローラPNOZmulti 2およびSecurityBridgeにより、当社は機械安全の要件を考慮するだけでなく、サービスエンジニアやその他の従業員/担当者のアクセスを承認するソリューションを提供できます。このようにして、御社のスタッフを機械によって発生する危険から保護し、機械をオペレータの誤操作や不正操作から保護することが可能です。

オペレーティングモードの選択およびアクセス承認システムPITmode fusionは、暗号化されたRFIDキーで人の認証を行い、保存された権限に従って各自に特定の作業を実行する権限を与えます。安全扉はロックで保護されているため、リーダユニットが適切な権限を読み取り登録するまで、誰も開けることができません。ファイアウォールSecurityBridgeはネットワーク経由のアクセスを保護します。コントローラ(この場合、小型コントロールシステムPNOZmulti 2)による通信を監視し、ネットワーク経由の不正なアクセスによって、現場のオペレーションに影響が出ないよう保証します。
このように首尾一貫した機械のアクセスコンセプトを提供し、機械安全のみならず、産業サイバーセキュリティにも配慮しています。

さらに、設備や機械に安全にアクセスするための当社の製品ポートフォリオもご覧ください。

機械安全と産業用ITセキュリティ

ニュルンベルクで開催されるSPS - Smart Production Solutionsのピルツブースでは、設備や機械への安全なアクセスについて、物理的に、またバーチャルにご紹介します。

 

2019年11月26日から28日の会期中、ピルツブース(ホール9、ブース370)にお立ち寄りください。

オペレーティングモードの選択およびアクセス承認システムPITmode fusion

PITmode fusion

PITmode fusionは、設備や機械を不正アクセスや誤使用による損傷から守ります。PITreaderによるアクセス許可管理の他、PITmode fusionを使用して、機能的に安全なオペレーティングモードの選択を行えます。安全およびセキュリティ機能を1つのシステムに実装できます。

安全アクセス制御

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2

あらゆるタイプの機械で、非常停止、安全扉、ライトカーテン、両手操作装置などのさまざまな機能を監視する世界の安全標準的なベストセラーを信頼してご利用ください。グラフィックコンフィグレーションツール上で認証取得のファンクションブロックを使用し、PITreaderで簡単にアクセス許可を作成したり、PITmode fusionで安全なオペレーティングモード選択を実行したりできます。

安全な制御

ソフトウェアツール PNOZmultiコンフィグレータ

モジュラ式安全扉システム

モジュラ式安全扉システム

機械へのアクセスの安全対策を施すことで、従業員を機械の危険な動作から保護できます。モジュラ式安全扉システムはこのような場所で使用します。安全扉による信頼性の高い安全対策に加えて、ビルディングブロック方式で、お客様のアプリケーションに最適な安全扉ソリューションをカスタマイズできます。経済的な直列接続、迅速な診断、追加の制御および押しボタンファンクション、さらにオプションのエスケープリリースも利用可能です。

安全扉

アプリケーションファイアウォールSecurityBridge

外部からの攻撃者がネットワークに侵入し、制御システムの不正操作を実行する可能性がある場合、設備や機械へのアクセスに最高のセキュリティ対策を施しても台無しです。ファイアウォールSecurityBridgeはピルツのコントローラを不正操作から保護します。パソコンとコントローラ間のデータトラフィックを監視し、制御プロジェクトの不正な変更を報告します。このように、下流のコントローラをネットワークベースの攻撃や不正アクセスから保護します。

コントローラを不正操作から保護

アプリケーションファイアウォールSecurityBridge
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport@pilz.co.jp