日本 | 日本語

2017/04/07

ピルツのモジュラ構造に対応する柔軟な生産

Industrie 4.0に対応する個別および調節可能な生産プロセス向けに、ピルツはモジュラオートメーションソリューションを提供します。

モジュラ構造の設備では、市場の変化にいち早く対応し、時間や経済的なリスクを最小に抑えることができす。製品導入までの時間短縮により、さらに効率的なエンジニアリングおよびより柔軟な生産設備を実現できます。特に柔軟な生産が可能なため、設備を最適に利用しやすくなります。産業ではモジュラ構造の設備が不可欠であるため、モジュラ構造の機械コンセプトをサポートするオートメーションソリューションが必要です。ピルツは3つのソリューションを提供します。

オートメーションシステムPSS 4000 高度な標準化が可能なため、設備を迅速かつ効率的にプログラムできます。エンジニアリングの工数が減り、制御機能を一貫して分散できます。ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuから、お使いのオートメーションシステム全体を監視できます。

照光式非常停止ボタンPITestop active有効、無効に切り替わると照明で表示します。そのため、PITestop activeは部品の使用を一時的に停止したり、部品が他の組み合わせで使用されたりするモジュラ構造の設備や機械での使用に適しています。

診断ソリューションSafety Device Diagnosticsを使用すれば、遠距離の総合的な診断データを取り込むことができるため、修理の依頼が減ります。そのため修理サービスの依頼が激減し、生産性を大幅に向上できます。安全装置診断パッケージは拡張しやすく、モジュラ式機械設計をサポートします。


ハノーバーメッセ2017でスマートファクトリーを体験

モジュラ構造の設備をサポートするピルツの制御システムとIndustrie 4.0時代のあらゆるソリューションを組み合わせて、柔軟な安全コンセプトを実装できます。

ハノーバーメッセ(会期:2017年4月24日~28日) で当社のスマートファクトリーをご覧くださいホール9、スタンド370の当社ブースにお立寄りください。


詳細情報:

ピルツのモジュラ設備向けソリューション

ピルツ、ハノーバーメッセに出展

モジュラ構造の設備
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp