地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

2015/10/19

ミャンマーと中国間のガスパイプラインの安全

オートメーションシステムPSS 4000はプロセス制御とミャンマーと中国間のガスパイプラインの安全を提供します。

ミャンマーと中国間のガスパイプラインは全長2,500㎞です。建設に4年近くかかりましたが、このパイプラインは現在年間約300億立方メートルのガスを西から東へ輸送しています。ルート沿いに設置された14のコンプレッサおよび制御ステーションで、オートメーションシステムPSS 4000がSIL 3に準拠し、安全プロセス制御および機能安全を保証します。さらに、1つのシステムでオートメーションと安全のタスクを同時に実行します。


PSS 4000が信頼性の高い安全なガス輸送を保証

電気加熱システムによって、Guo Peng Technical Co. Ltdはパイプラインの凍結を防ぎ、ガスがA 地点からB地点まで確実に輸送されることを保証します。そのために、一定のパイプライン圧力と最低温度を維持する必用があります。

よって、システムに必要な条件は、ガスの温度と流量を司るPIDコントローラの監視能力でした。オートメーションシステムPSS 4000の制御システムPSSuniversal PLCがルート沿いに設置された14のコンプレッサステーションで使用され、PIDコントローラの安全を監視しています。このように制御機能を一貫して周辺機器に分散する機能がオートメーションシステムPSS 4000の特徴です。PIDはソフトウェアプラットフォームPAS4000のソフトウェアブロックを介して制御されます。

オートメーションシステムPSS 4000に備わる容易な実装論理的な構造およびさまざまな実行可能なソリューションはアプリケーションに大きなメリットもたらしました。


詳細情報:

オートメーションシステムPSS 4000

ガスパイプラインのアプリケーション

その他のアプリケーション

パイプラインの安全監視