地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

古鉄を若返らせる泉

オーストリアのDokaグループの所有する旧型プレス機をピルツが更新し、可用性、生産性を大幅に増大する方法です。

オーストリアのDoka Groupは伝統的なUmdaschグループの一部であり、波型アンカーを含む、トンネル技術、土木建築、ビル建設などのコンポーネントを製造しています。これらのコンポーネントは約30年間使用する偏心プレスで製造されます。この設備は1980年代に開設され、機械的なコンディションはよいのですが、可用性が不十分であったため、更新することが決まりました。


生産性向上のためのトータルソリューション

高い可用性を保証するため、制御盤全体が更新されました。オートメーションシステムPSS 4000の制御システムPSSuniversal PLCが上位制御システムとして設置されました。ロータリーエンコーダPSENenco、制御システムおよび専用ソフトウェアブロックで構成される電子機器のソリューションが古い機械式ロータリーカムを置き換えます。3個の安全スイッチPSENmagが安全機能を実行します。オペレータターミナルPMI 509と新しいモータを設置し、空圧およびプレス安全バルブを交換して更新が終了しました。

オートメーションシステムPSS 4000は業界を問わず柔軟で使いやすいシステムです。オートメーション: トータル&シンプル!
 

詳細情報:

オートメーションシステムPSS 4000

プレスの更新アプリケーション

PSS 4000のその他の採用事例