日本 | 日本語

オストフィルダン, 2019/04/01

電源オフを保持

ピルツの安全電圧監視モジュールPNOZ s60は、UL 6420に準拠する、設備や機械の電源オフの状態監視を提供します。そのため、PNOZ s60は安全ロックアウトシステム(SLS)を必要とするアプリケーションでの使用に適しています。つまり、設備が安全で電気的に電源オフ状態に保持されるている状態です。

安全電圧監視モジュールPNOZ s60が安全リレーPNOZsigma製品グループに追加され、米国の法律で規定されているSLSアプリケーションの実装に必要な要件を満たします。PNOZ s60は電源オフの1相または3相電源と中性線を監視します。食品および飲料セクタで一般的な12 V或いは6 Vの2種類のスイッチングしきい値を設定できます。安全回路は値がコンフィグレーションしたスイッチングしきい値を下回るまで起動されません。

安全電圧監視モジュールPNOZ s60は、24-48/110-240 VAC/DCの供給電圧が用意され、非常に柔軟なため、幅広いアプリケーションで使用できます。LEDによる拡張診断で、ユーザはトラブルシューティングに役立つ簡単な診断を実行できるため、生産性が向上します。コンパクトな90 mm幅の本体はスペースを節約し、制御盤内に経済的に取り付けられます。

安全電圧監視モジュールPNOZ s60は、UL 6420に準拠して、設備や機械の電源オフの状態を監視します。
安全電圧監視モジュールPNOZ s60は、UL 6420に準拠して、設備や機械の電源オフの状態を監視します。

安全電圧監視モジュールPNOZ s60は、UL 6420に準拠して、設備や機械の電源オフの状態を監視します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーショングループ

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp