オストフィルダン, 2021/08/19

Pilz: 安全ボルトPSENboltの新バージョンは、ガードロック付き機械式安全扉システムPSENmechと組み合わせて、不正操作を阻止

ピルツの安全ボルトPSENboltの新バージョンは、ガードロック付き機械式安全扉システムPSENmechと組み合わせてご利用いただけます。お客様は、標準バージョンとキー付きバージョンのいずれかを選択できます。機械式ボルト、ハンドル、および柔軟で結合可能な新しい安全スイッチで構成されています。このようにして、人員と工程を保護するための、より柔軟で費用対効果の高い安全扉ソリューションが実現されます。

標準バージョン、およびキー付きバージョンをご利用いただけます。これらの一部にはエスケープリリースを追加することもできます。キー付きのバージョンでは、例えばメンテナンスなどの目的で設備にアクセスする必要がある場合に、ボルトを開位置でロックできます。この場合、外側から扉を閉じることができず、機械を再始動できません。その結果、機械の意図しない始動を防止できます。つまり、キーを備えたバージョンでは、設備の安全性が向上します。

高い効率性のための最大の安全性
安全扉システムPSENmechとガードロックを組み合わせたPSENboltではEN/ISO 13849-1EN/ISO 13849-1のPL dまで、またはEN/IEC 62061のSIL CL 2まで適合する安全インターロックと安全ガードロック機能を達成します。RFID式安全近接スイッチPSENcodeをソリューションに追加すると、最高カテゴリであるEN/ISO 13849-1のPL eまたはEN/IEC 62061のSIL CL 3までの安全扉監視機能が保証されます。この組み合わせでは、安全ボルトPSENboltにより、故障対策や不正操作に対する保護のための最高要件を満たすことが保証されます。ユーザは高可用性のメリットを享受できるため、設備の費用対効果が高くなります。

強力なボルト
PSENboltは、さまざまな産業およびアプリケーションで使用できます。ガードロック付き機械式安全扉システムPSENmechと組み合わせることで、プラスチック産業自動車産業包装産業パルプおよび製紙産業などにおいて、人員と機械の保護が保証されます。この構成により、調整が困難な、または振動が激しい安全扉を監視するための機械的ソリューションが実現されます。

組み立て済み = 労力を削減
安全ボルトPSENboltは、機械式ボルト、ハンドル、および柔軟で結合可能な安全スイッチ(ガードロック付きPSENmechなど)を組み合わせた製品です。そのため、割高な社内エンジニアリングが不要になり、開発と設置の作業が大幅に軽減されます。
安全リレーPNOZsigmaまたは小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2を組み合わせることにより、ピルツは経済的なワンストップのトータルソリューションを提供します。

製品の詳細情報はこちらからご覧ください。

ピルツの安全ボルトPSENboltの新バージョンは、ガードロック付き機械式安全扉システムPSENmechと組み合わせてご利用いただけます。お客様は、標準バージョンとキー付きバージョンのいずれかを選択できます。(写真:  © Pilz GmbH & Co.KG)
ピルツの安全ボルトPSENboltの新バージョンは、ガードロック付き機械式安全扉システムPSENmechと組み合わせてご利用いただけます。お客様は、標準バージョンとキー付きバージョンのいずれかを選択できます。(写真:  © Pilz GmbH & Co.KG)

ピルツの安全ボルトPSENboltの新バージョンは、ガードロック付き機械式安全扉システムPSENmechと組み合わせてご利用いただけます。お客様は、標準バージョンとキー付きバージョンのいずれかを選択できます。(写真: © Pilz GmbH & Co.KG)

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

マーケティング・コミュニケーションズ部

電話: 045 471 2286
Eメール: mkt@pilz.co.jp