日本 | 日本語

ライトカーテンをマジックで採用 - 舞台を一掃!

Ehrlich Brothersにとって、完璧なイリュージョンを作り出すには、二人のアーティストのプロ意識だけではなく、複雑な舞台技術やイベント技術が必要とされます。安全も大きな役割を果たします

Ehrlich Brothersは、定期的なショーで披露するイリュージョンで観客を魅了しています。マジックと技術がスムーズかつ安全に、例外なくすべてのプロセスで連動する必要があります。ピルツの柔軟なタイプ3ライトカーテンPSENopt IIは、アクションエリアの技術を検出し、ステージ端の移動カメラが安全に監視されていることを保証します。

部隊下エリアへの安全なアクセス

カメラはスライドに取り付けられ、舞台下エリアの設備に高速でアクセスします。以前は、ライトの点滅でスライドカメラが接近していることを警告する必要がありました。このコンセプトを最適化し、舞台技術者の安全性を強化して不正操作を除外することが、今回の目的でした。現在、危険ゾーンはピルツのタイプ3ライトカーテンPSENopt II(ハンドプロテクション)で保護されています。カメラの移動中に1台目のライトカーテンの検出エリア内に誰かが立ち入ると、カメラのスライドが直ちに停止します。その人が2台目のライトカーテンを通過して初めて、ゾーンが自動的にリセットされ、スライドカメラが有効化されます。この変更によって、Ehrlich Brothersは、完璧なイリュージョンのため、ショーの演出に集中できるようになりました。

タイプ3ライトカーテンPSENopt IIは、危険ゾーンへの立ち入りを検出し、ゾーン内に人が故意に、或いは偶然進入した場合、カメラのスライドが動かなくなります。

さまざまな利点:

  • タイプ3ライトカーテンPSENopt IIはPL dまでのアプリケーションに対応
  • ライトカーテンの高速な応答時間により、危険ゾーンまでの最小距離を実現
  • 舞台技術が定期的に組み立てられ、解体される場合も、信頼できる安全性

Ehrlich Entertainment GmbH & Co.KGについて

Ehrlich Brothersのイリュージョンは2005年に設立されたEhrlich Entertainment GmbH & Co.の一部です。同社は、ビーレフェルト近郊のブーンデに拠点を置き、イリュージョンアーティストの興行企画を行い、スムーズなパフォーマンスを保証します。

「我々の業界は、直接の担当者、迅速な決断プロセス、信頼できるサービスに依存しています。ピルツは、当社の要件にカスタマイズされたファーストクラスの製品やサービスを提供してくれました。最適なパートナーを選択したと確信しています。」

プロダクトマネージャ、Jannik Trödtmann氏
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com