日本 | 日本語

SSR - 安全速度範囲

EN 61800-5-2に適合した安全速度範囲 (SSR) 機能は、最低速度まで監視する安全速度監視 (SSM) を含むように、安全制限速度 (SLS) 機能を拡張しています。言い換えれば、最高速度は、特定の値 (SLS) を超えることがあってはならず、最低速度は特定の値 (SSM) よりも小さくなってはなりません。速度がこの監視速度範囲 (SSR) から外れると、定義済みの制限値の1つに違反したことになり、ドライブはオフになります。

実際の安全速度範囲安全機能

実際には、最低速度を監視することにより、たとえば、値が定義済みの速度を下回った場合に安全ゲートのロック解除を許可するなど、さまざまな条件を設定できます。一方、最高速度の監視は、定義済み速度の超過を監視することで、作業員、機械、および製品を負傷または破損から保護しています。

安全機能は、速度監視モジュールPNOZ s30でも対応できます!

SSR - 安全速度範囲
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp