日本 | 日本語

機能安全

危険な状況でも非常停止で安全に

危険の原因とその危険を回避するために必要な技術的対策は、場合によって大きく異なります。従って、安全の種類は潜在的な危険原因別に区別されます。

安全が電気 (E)、電子 (E)、プログラマブル電子 (PE) システム (電気、電子、プログラマブル電子システムの略語: E/E/PEシステム)の正常な動作に依存する場合、「機能安全」と呼びます。

リスクアセスメントは、機能安全要件に関して重要な役割を果たします。リスクアセスメントおよび機械のリスク低減で考慮する必要があるステップ、および安全機能の評価と妥当性確認の方法は、EN ISO 12100、13849-1/-2、およびEN 62061から得られます。必要な安全レベル (PL、SIL) はリスクの見積りによって導き出されます。

機能安全概要

機能安全ポスターのダウンロード

機能安全の目的は常に人と機械を危険から保護することです。欧州では、エンジニアリング分野の機能安全規格は機械指令に記載されています。当社の“機能安全”ポスターをダウンロードし、EN ISO 12100に準拠するリスクアセスメントや

リスク低減措置をコンパクトにまとめた一覧表でご確認ください。このいわゆる「A規格」から派生した2つの重要な規格を適用できます。

  • EN ISO 13849-1: 電気/電子/プログラマブル電子/油圧/空圧/機械システムに適用
  • EN / IEC 62061: 電気/電子/プログラマブル電子システムに適用

安全関連機能の信頼性に関する重要なパラメータは安全度水準(SIL)パフォーマンスレベル(PL)です。

機能安全ポスターをダウンロード

詳細情報

ご利用ください設備・機械のライフサイクルに関するサービス

ご確認ください機能安全検証用計算ツール

 

ZVEIがピルツと共同で開発した機械安全の故障耐性に関する新しいコンセプト

ZVEI (ドイツ電気・電子工業連盟)内の作業部会は、ピルツとIFA(労働安全衛生研究所)と共同でホワイトペーパーを作成し、設備や機械の故障耐性を持つ機器やシステムについて、機能安全の基本原則を説明しています。ホワイトペーパーは無料でダウンロードできます。

無料でダウンロード

主に機械のコントローラの安全機能やサブシステムの設計、実装を行う機械メーカやシステムインテグレータを対象としています。この情報は安全関連機器の設計および 製品開発のシステムにも応用できます。ホワイトペーパーには必要な手続きや満たす必要のある要件をZVEIが記載しています。

故障耐性システムとは?

故障耐性システムは潜在的に危険な故障が検出されても、動作を続行することが可能です。故障耐性システムには故障検出だけでなく故障評価も必要です。故障評価によって、検出された故障は許容できるのか、或いは(許容できない)深刻な故障なのか判断できます。後者の場合、ただちに停止(シャットダウン)する必要があります。

このタイプの故障評価は、「従来型のファクトリーオートメーションシステム」の実装では、現在のところ、一般的ではありません。しかしながら、故障耐性は故障評価なしでは実現できません。当然ながら、適切な設計がなければ、機器やシステムの段階的な故障反応の決定を行うことは不可能です。故障耐性のある機器やシステムの開発者およびユーザは、(劣化状態で)オペレーション継続の期間Δtdegを定義する必要があります。必要であれば、追加のリスク低減対策を指定し、その内容を取扱説明書に含めます。実践的な例を挙げると、この情報を使用して、処理中のステップを終了することができます。

 

 

 

 

ZVEIの機械安全の故障耐性に関する新しいコンセプト

分野別の規定

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com