日本 | 日本語

モノのインターネット(IoT)

モノのインターネット、IoTでは、インテリジェンスを備えた"モノ"や要素および物が汎用デジタルネットワークを介して相互通信します。

単体装置としてのコンピュータは次第に姿を消し、「インテリジェントなモノ」に置き換えられます。これらのモノはインターネットにつながり、インターネットを介して独立して通信することで所有者のためにタスクを実行します。

その結果、主に無線自動識別(RFID)を採用した位置測定技術によって、現時点ですでに、物のID識別やある程度の自己制御が可能になっています。物自体に、次に起こるべき事象について具体的な情報が保存されています。このため、製品が次の作業手順を物流や生産設備に伝えることができます。人による手助けはもう不要になります。

インダストリアルIoT(IIoT)

このインダストリアルIoT(IIoT)は産業セクタで使用されているモノのインターネット(IoT)から派生したモデルです。IIoTは多くの産業用途があり、オートメーション技術でも使用されつつあります。最も重要な点は、IIoTのもたらすインテリジェントなシステムやより柔軟な生産技術により、ビジネス効率の向上が可能になることです。

IIoTゲートウェイ

IIoTゲートウェイは産業環境のモノのインターネットをクラウドサービスと接続したり、産業用プロトコルをクラウドベースのインフラに接続したりします。

詳細情報:

RFID

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp