地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

RoHS

RoHSとは?

欧州のROHS 2指令2011/65/EC (RoHS = Restriction of Certain Hazardous Substances)が2013年1月3日より施行されました。この指令の目的は、特定の有害物質の使用を制限することであり、以下の物質を一定量以上含む製品の市場投入を禁じています。

  • 水銀
  • カドミウム
  • 6価クロム
  • 多臭素化ビフェニル (PBB)
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE)

...

どの製品にRoHSを適用するのか?

RoHS指令の目的は、都市の廃棄物収集から電気、電子機器廃棄物をなくすことです。この指令は、個人的、商業的に使用されたすべての電気、電子機器(例:アイロン、コンピュータ、洗濯機、電動工具)に適用します。
産業用計測、制御、ドライブコンポーネントなどの固定取り付けのコンポーネントは、単一の機能単位を形成するために機械に組み込まれた場合、RoHS指令の対象外になります。これらは、組成においても量においても、一般家庭の商品とは比較になりません。また、都市ルートで廃棄されることもありません。
このため、ピルツの製品は、現状ではほとんどこの指令の影響を受けません。

なぜピルツは自主的にRoHSに適合することを表明したのでしょうか?

安全オートメーション製品の主要メーカーとして、Pilz GmbH & Co. KGは、製品の環境への影響を製造から廃棄に至るまで全ライフサイクルを通して、できるだけ低く保つという課題に直面しています。このためピルツでは、全製品を上記の指令に適合させることに決めました。

製品の品質と信頼性を保証し続けるために、ピルツの全部品に対してRoHS適合性検査を事前に実施しており、必要に応じて認証を取得しています。2006年5月以降鉛フリー半田付け工程のパラメータが再定義されました。このことが、生産設備をRoHSに対応するよう変更するきっかけとなりました。これ以降、ピルツ製品は鉛フリー工程で、RoHS適合コンポーネントを使用して生産されています。

当社はすでにRoHS 2指令の要求事項並びに同指令の改訂版Annex IIIに従った適用除外を考慮しています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp