地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

制御システムの機能安全

EN 61508「電気、電子、プログラマブル電子システムの機能安全」は一般安全基準と見なされ、アプリケーションにかかわらず、電気、電子、プログラマブル電子システムの機能安全に対応しています。このように、この規格は制御システムの機能安全に関する主要規格となっています。この規格は、プラントの安全における安全システムの要件を定義するために使用されます。EN 61508は現時点で整合化されていないことに留意してください。そのセクタ規格であるEN 62061だけが整合規格です。

EN/IEC 61508の内容

安全ライフサイクル

規格の最初の部分では、全体的な安全ライフサイクルと手順の詳細要件、および個々のステップの内容について検査します。この部分は、機械メーカや安全部品メーカにとって特に重要です。

電気システムの設計

この規格は、電気システムの設計と関連するソフトウェアにも焦点を当てています。安全部品のメーカは、おそらくこの規格から最大の恩恵を受けます。

ただし、エンドユーザやシステムインテグレータが安全レベルを決定するには、EN 62061またはEN ISO 13849-1の方がはるかにわかりやすいため、EN 61508ではなく、これらを適用することをお勧めします。この「機能安全」規格 (EN 62061) では、これらのシステムの要件は一般的に安全度水準 (SIL 1-4) に分類されます。したがって、装置、センサ、または制御システムはSILによる分類が必要です。

EN 61508の標準化

規格EN 61508「電気、電子、プログラマブル電子システムの機能安全」の構成は以下の通りです。

第1部: 機能安全のコンセプトの紹介、
          IEC 61508シリーズの規格の概要
第2部: 電気/電子/プログラマブル電子安全関連システムの
          要件
第3部: ソフトウェア要件
第4部: 定義と略語
第5部: 安全度水準判定方法の具体例
第6部: 第2部、第3部適用のガイドライン
第7部: 技術・対策の概要

EN/IEC 61508の法的位置付け

EN/IEC 61508は欧州指令として施行するようにEC官報に記載されていない (整合化されていない) ため、「適合性の推定」効果がありません。このため、規格を単独で使用する場合、制御システムの設計者は特定の欧州指令の該当する要求事項を満たしているとみなすことができません。ただし、IECおよびISO規格では頻繁にIEC 61508が参照されています。したがって、ある程度は、その重要性が非公式に回復しています。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp