日本 | 日本語

安全関連機器

機械のアセンブリ/指令に準拠する責任/大幅な変更とは?

電気めっき事業の排水処理プラントの近代化を進めています。このプラントは、各種タンク (一部は撹拌器付き)、チャンバーフィルタープレス、各種ポンプやバルブ、および測定技術 (流量、充填レベル、水温、pH値) を備えた単一の共通制御盤から構成されています。各種ポンプ、チャンバーフィルタープレス、測定技術および制御システム全体を置き換える予定です。制御盤を含む測定技術およびオートメーションは、サプライヤから供給されます。プラントの建設は、お客様とチャンバーフィルタープレスのサプライヤによって実施されています。

質問1: これは「機械のアセンブリ」に相当しますか?
質問2: 相当する場合、誰がメーカで、指令に準拠する責任を負うのは誰ですか?
質問3: この変更は、プラントを新しいプラントとして取り扱うことが必要となる「大幅な変更」に相当しますか?

回答:

1の回答) 電気めっきプラントは、機械指令の適用範囲に当てはまります。プロセスがリンクしているため、上記の例は機械のアセンブリに相当します。

2の回答) 各機械メーカが、完成機械および半完成機械が機械指令に準拠していることを確認する責任を負います。

「アセンブリ」に関しては、複数のバリエーションが考えられます。
問題になるのは何が注文/委託されたかです。この質問については明確な説明が必要です。契約に明記されていない限り、オペレータが製品を市場に投入して、プラントまたは機械アセンブリのCE認証を取得する役割を果たす必要があります。

例A: ある企業が小型モータを大型モータに交換する作業を委託されています。
例B: ある企業が、小型モータを大型モータに交換し、プラントが大幅な変更に該当するのか、そしてCE適合を再確立する必要があるか確認する作業を委託されています。

例Aでは、誰がCE適合の責任を負うのかが明確ではありません。この場合、おそらくオペレータが責任を負う必要があるでしょう。例Bでは、誰がこのサービスを提供する必要があるかが明確です。

3の回答) この質問は、外部から一般的な回答ができるものではありません。回答するには、変換前と変更後の正確な状況を把握する必要があります。そのため、現場の検査が不可欠です。BGからの解釈論文が役に立つ場合があります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp