日本 | 日本語

安全関連機器

機械メーカが電気設計を下請けに委託した場合、責任はどのように分割されますか?

お客様と下請け業者の責任は、契約書に正式に記載します。

リスクアセスメントを作成するのは誰ですか?下請け業者は機械メーカにリスクアセスメントを要求できますか?
機械指令2006/42/ECの要求に従うと、リスクアセスメントは設計プロセスの一環として作成する必要があります。この場合、下請け業者はリスクアセスメントの要求に適合した電気設計を作成するために、リスクアセスメントを要求する必要があります。


この状況をよく考えてみると、下請け業者 (電気設計) は機械を熟知していないため、実際リスクアセスメントを作成することができないことが分かります。電気設計を的確に実装できるようにするには、リスクアセスメントが用意されている必要があります。
サードパーティにこの資料の作成を委託することは可能ですが、これは契約書に明記する必要があります。

機械的な欠陥 (安全柵が欠落しているなど) のために適切な安全コンセプトの実現が不可能な状況に対して、下請け業者はどのように対応できますか?
電気設計エンジニアが設計を作成する場合、利用可能な資料 (リスクアセスメントと安全コンセプト) を使用するしかありません。欠陥が後で発生した場合は、お客様が追加のコストを負担する必要があります。一般的に電気会社は機械の詳細を熟知していないため、提供された資料を参照するしかありません。

残念ながら、下請け業者が必要な資料を受け取っていないために、機械の運用を開始しようとしたときに追加作業や変更が必要となり、多額のコストが発生することがよくあります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp