日本 | 日本語

安全関連機器

回路を簡素化するために、できる限り多くの非常停止押しボタンを直列接続することは可能ですか (カテゴリ4用の設計)?

カテゴリ4のアーキテクチャでは、非常停止は2次的な安全装置でしかないため、
非常停止押しボタンの直列接続が許可されています。

非常停止は危険な状況でのみ動作し、その場合も操作されるのは1つの非常停止押しボタンのみと想定されています。
産業安全規則に適合したリスクアセスメントの一環として、オペレータは安全機能を検査する間隔と検査を実施する形式を確立する必要があります。

この場合の制限とは何ですか?
制限は、要求されるパフォーマンスレベルになります。これは、複数の安全部品を直列接続すると、全体的な結果が悪化するためです。非常停止押しボタンを直列接続して必要なパフォーマンスレベルを達成できるのは、その数が適切である場合です。

すべてのスイッチは、規格ISO 13849に従ってSRP/CSとして評価されますか?
安全評価では、すべての非常停止スイッチを直列接続できます。つまり、作成する必要があるSRP/CSは1つだけです。
ただし上述したように、直列接続はパフォーマンスレベルを低下させる場合があるため、複数のSRP/CSを作成してもかまいません。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp