安全レーダセンサPSENradar

厳しい環境の安全保護ゾーン監視

安全レーダセンサPSENradar

安全レーダセンサPSENradar小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2を併用すると、機械設備の適合性評価を含む保護ゾーン監視用の安全のトータルソリューションを入手できます

安全レーダセンサは、光電センサの性能が限界に達した場合使用されます: 屋外や材料加工など、厳しい環境、PSENradarを使用して安全に監視できます。レーダ技術(FMCW: 周波数変調連続波)が埃、塵、雨、光、火花、振動などの外部からの影響がある場所でも高い可用性を保証します。

周波数24 - 24.25 GHzの残留監視機能はロボットアプリケーションで頻繁に要求されるSIL 2、PL dおよびカテゴリ3まで適合して使用できます。このトータルソリューションにはイーサネットやProfisafeの追加インタフェースも用意され、安全レーダセンサを改造アプリケーションで使用しやすくなっています。

適合性評価付きのトータルレーダソリューション

機械全体の受け入れを含むトータルレーダセンサソリューションが必要ですか?当社は、リスクアセスメント、システム実装、適合性評価まで含む、保護ゾーン監視用の包括的なワンストップサービスソリューションを提供しています。

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2とPSENradarを併用すると、厳しい環境条件に対応する安全で経済的なトータルソリューションが実現します。

当社のサービス

PSENradarと小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2

PSENradarコンフィグレータによるシンプルなコンフィグレーション

PSENradarコンフィグレータ

迅速な試運転のため、対応するコンフィグレータで簡単にセンサを選択し、コンフィグレーションします。アプリケーションに応じて、この安全レーダシステムソリューションは、最大6台のレーダセンサ、制御ユニット小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2で構成されます。

監視する面積により、各センサに適切な保護ゾーン(狭いゾーンと広いゾーン)をコンフィグレーションできます。これは、センサの位置、高さ、傾斜によって異なります。保護ゾーンに加え、警告ゾーンもコンフィグレーションできます。人が警告ゾーンに違反すると、光信号などが発信されます。このように、設備の生産性を常に維持することが可能です。

PSENradarコンフィグレータをダウンロード

安全レーダセンサPSENradarの利点

  • 埃、雨、光、火花、蒸気、衝撃への耐性
  • カテゴリ3 / PL dの高い安全レベルのため、ロボットアプリケーションの保護も可能
  • 最適化されたセンサの調整と個別の保護ゾーンのコンフィグレーションによる高い柔軟性
  • 小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2を併用して、安全のトータルソリューションを実現、インタフェースの追加により改造アプリケーションに対応
  • 危険ゾーンに人が存在する場合、機械の再起動を防止するための背後アクセス保護

安全レーダセンサPSENradarの特長

センサPSENrd 1.1

センサPSENrd 1.1

  • 検出角度: 水平方向110°、垂直方向30°(広い検出角度)または、水平方向50°、垂直方向15°(狭い検出角度)
  • 検出範囲: 4 m
  • 周波数: 24 Ghz
  • 応答時間: 最大100 ms
  • 保護等級: IP67
  • SIL 2 (IEC 61508)、PL d (EN ISO 13849-1)適合のアプリケーションで使用可能、カテゴリ3(センサ2台使用時)
センサPSENrd 1.1

センサPSENrd 1.2

  • 検出角度: 水平方向20~100°、垂直方向20°、10°単位でコンフィグレーション可能
  • 検出範囲: 5 m
  • 周波数: 60 Ghz
  • 応答時間: 最大100 ms
  • 保護等級: IP67
  • SIL 2 (IEC 61508)、PL d (EN ISO 13849-1)適合のアプリケーションで使用可能、カテゴリ3
センサPSENrd 1.2

PSEN rd1.x I/O PN分析ユニット

  • 接続タイプ: イーサネット、Profisafe
  • 直列接続: 最大センサ6台
  • ゾーンセット: 最大32
  • OSSD出力: 最大4
  • 保護等級: IP 20
  • FMCW: 周波数変調連続波
PSEN rd1.x I/O PN分析ユニット

PSENradarのアプリケーション

レーダセンサはさまざまな産業で、特に光電センサの機能が限界に達した場合、使用されています。使用の前提条件として、機械全体の評価が必要ですが、弊社が喜んでお手伝いいたします。

安全レーダシステムPSENradarが対応する安全関連機能には、危険ゾーン監視および背後アクセス保護が含まれます。人が侵入すると危険ゾーン監視が機械を安全な状態に移行しますが、メンテナンスなどで、人がまだ危険ゾーン内にいる場合、背後アクセス保護で機械の自動的な再起動を防ぎます。以下のアプリケーション例をご覧ください。

レーダセンサには自己学習機能が搭載されているため、たとえば、保護ゾーンを違反したり、機械を停止させたりせずに、廃棄材料を廃棄することができます。したがって、高い生産性を保証できます。

安全レーダセンサPSENradarのアプリケーション

アプリケーション例

金属加工

金属加工における背後からのアクセス保護

安全レーダセンサは溶接のスパーク、鉄くず、埃、アーク光および衝撃などの多い重工業でよく使用されます。

ロボットセルが保護されている場所では、必ず、背後からのアクセス保護と安全な再起動を保証する必要があります。PSENradarはロボットが稼働中は無効です。

木材加工

保護ゾーン監視による安全な木材加工

のこ引きを含む木材加工では、埃や鉄くずが飛散するため、光電センサを使用できないケースがよくあります。

その場合、PSENradarとPNOZmulti 2で構成される安全保護ゾーン監視が、危険ゾーン内の人を検知する最適なソリューションになります。個別に設定できる保護ゾーンにより、さまざまなアプリケーションを保護することが可能です。

屋外

レーダセンサを使用して屋外のアプリケーションを保護

特に屋外では、 レーダセンサでガントリークレーンや昇降装置などの保護ゾーンを安全に監視できます。雨、雪、霧により、温度差が大きく、湿度も高くなります。

ガントリークレーンが特定の方向に移動すると、レーダセンサでその場所に人がいないことを確認します。

製品レンジ: 安全レーダセンサPSENradar

PSENradar

制御ユニット1台につき最大6台のセンサで、安全レーダセンサPSENradarをお客様ご自身で組み立てられます。

LBKシステム用アクセサリ

こちらでLBKシステムに最適なアクセサリをお探しください。
テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com