地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

Modbus

Modbusプロトコルはマスタ/スレーブまたはクライアント/サーバ構造に基づいた通信プロトコルです。1979年にプログラマブルロジックコントローラ(PLC)間の通信のためにGould-Modiconに開発されたオープンプロトコルです。
Modbus TCPバージョンは2007年以降IEC 61158の一部として記載されています。


Modbusネットワークの構造

Modbusプロトコルは、当初デバイス間のシリアル通信用に開発されました。Modbusネットワークでは1つのマスタと複数のスレーブを接続できます。
3つのオペレーティングモードが区別されます:

  • Modbus ASCII
  • Modbus RTU
  • Modbus TCP

各サブスクライバには固有のアドレスがありますが、アドレス0はブロードキャストに予約されています。サブスクライバはバス経由でメッセージを送信します。


以下の製品グループにはModbusインタフェースが装備されています:

小型安全コントローラPNOZmulti - 通信モジュール

コンパクト安全コントローラPNOZmulti Mini - 通信モジュール

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2 - 通信モジュール

制御システムPSSuniversal PLCおよびPSSuniversal multi

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp