地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

InterBus-S

InterBus-Sはさまざまなアプリケーション分野に対応するフィールドバスシステムです。今日でも自動車産業の生産設備で多く見られます。このシステムは1987年のハノーバーメッセで紹介されました。それ以来、InterBus-S の開発はほとんど行われていないため、このバスシステムの重要性は低くなっています。この傾向は、イーサネットベースのネットワークがますます重要性を増していることから、さらに強まっています。


Interbusネットワークの構造

Interbusはマスタ-スレーブのアクセスを採用しています。バスのマスタが上位の制御システムやバスシステムに同時にリンクします。トポロジに関しては、リング型のバスシステムであるため、サブスクライバが通信パス内で能動的に接続します。


利点:

トポロジとプロトコルの効率により、Interbusはネットワークデータを短い(物理的な)通信速度(512 KB / 2 MB)で素早く(=バスサイクルタイム)転送します。Interbusは診断オプションが充実しており、サイクルタイムがケーブル長の影響を受けないため、長距離の延長が可能です。


以下の製品グループはInterbusインタフェースを装備しています:

小型安全コントローラPNOZmulti - 通信モジュール

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp