地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

CANopen

CANopenは主にオートメーション技術および車両や複合デバイスのネットワーク用に使用される通信プロトコルです。この信プロトコルは1980年代初期に開発されたシリアルバスシステムCAN(Controller Area Network)に基づいています。CANとCANopenはいずれも国際規格です。


構造

サブスクライバは通常5-pinオープンスタイルコネクタ、5-pin M12または9-pin Sub-DコネクタでCANopenネットワークに接続されます。CANopenネットワークには最大127サブスクライバが接続可能です。通信速度は10 kbit/sから1 Mbit/sまでの範囲内で一定の単位で設定できます。CANopenネットワークの距離は通信速度によって異なります。


以下の製品グループはCANopenインタフェースが装備されています:

分散型I/OシステムPSSuniversal - 通信モジュール

小型安全コントローラPNOZmulti - 通信モジュール

コンパクト安全コントローラPNOZmulti Mini - 通信モジュール

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2 - 通信モジュール

制御システムPSSuniversal PLCおよびPSSuniversal multi - ゲートウェイ

制御システムPMCprimo

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp