グローバルサイト | 日本語

機械安全・オートメーショントレーニング

機械安全全般に関する最新の動向および新しい技術の全情報

機械安全・オートメーショントレーニング

機械安全の種類豊富なトレーニングコースからお選びください。いずれのコースもお客様のニーズに合わせてご自由に組み合わせて選択可能です。コースの内容によっては、中級、上級コースにも参加できます。

当社の国際トレーニングコースをご利用ください

当社は以下の機械安全トレーニングを世界各地で同一の内容で提供しています。さらに、各国のピルツの現地法人は、以下のような国内および国際的に適用されるその他のトレーニングも提供しています:

  • 種類豊富な製品および技術トレーニング
  • 機械安全およびオートメーションの全分野におけるその他の資格オプション
  • 各国特有の要件に合わせた内容のコース
  • お客様の個別の要件に合わせたトレーニングパッケージ

リスクアセスメントワークショップ

当社のエキスパートによる実践的な解説で、EN ISO 12100に従った機械のリスクアセスメントに必要な幅広い知識やスキルを習得できます。リスクアセスメントワークショップは、機械のリスクアセスメントの工程を画像やビデオを使って解説します。双方向で実践的な内容です。目的は危険源を同定し、リスクの評価(危害のひどさと危害の発生確率)を実施することです。このコースはまた、適切なリスク低減対策の実施、残留リスクの決定も取り扱います。

内容と要点:

  • EN ISO 12100に適合するリスクアセスメント
  • 法規と規格
  • 評価方法
  • 制御階層
  • 実践ワークショップ

国を選択してください: こちら

リスクアセスメントワークショップ

EN/ISO 13849およびIEC 62061に適合した安全設計

EN/ISO 13849およびIEC 62061に適合した安全設計

安全関連制御システムの設計および評価に重要なすべてのプロセスや規格について学びます。このトレーニングはオートメーションや設備の設計に適用されるISO 13849-1(安全関連制御システムの規格)の適用方法を解説します。EN/IEC 62061も扱います。

内容と要点:

  • 安全制御システムの仕様、構築、妥当性確認のためのプロセスと規格
  • 安全制御システム構築の原則に関する検討事項

国を選択してください: こちら

機械設備の電気装置

安全関連制御システムの設計および評価に重要なすべてのプロセスや規格について学びます。このトレーニングはオートメーションや設備の設計に適用されるISO 13849-1(安全関連制御システムの規格)の適用方法を解説します。EN/IEC 62061も扱います。

内容と要点:

  • 機械および設備の電気安全の基礎
  • 電気安全に関するIEC 60204の要求事項
  • 電気システムの要求事項

国を選択してください: こちら

機械設備の電気装置

機械指令に準拠するCEプロセス全般

機械指令に準拠するCEプロセス全般

機械指令2006/42/ECおよび機械のCEマーキングに関する要求事項について必用な全情報です。次の質問に回答します: 機械指令の適用範囲に当てはまる機械とは?機械メーカ、機械のオペレータの責任とは?このトレーニングでは、欧州経済領域内で市場に投入され稼働する機械の設計、構築、メンテナンスに関する規格も扱います。

内容と要点:

  • 欧州の指令
  • CEマーキングの全体的なプロセス
  • わかりやすい機械の適合性の事例
  • リスクアセスメント
  • 機能安全

国を選択してください: こちら

LoTo - ロックアウト-タグアウト

このトレーニングでは、ロックアウト-タグアウトの要件およびアプリケーション(動力の供給される設備の安全関連の施錠およびインターロック)について詳しく解説します。設備や機械の試運転中や定期メンテナンス作業中に、意図しない電気エネルギーの放出による事故から従業員を保護するための具体的な方策やプロセスの要点を詳しく説明します。

内容と要点:

  • ロックアウト-タグアウトの要件とアプリケーション
  • 例: 安全関連の施錠とさまざまな動力源の開錠
  • エネルギーの種類とLoToプロセスの概要

国を選択してください: こちら

LoTo - ロックアウト-タグアウト

安全な機械の適切な調達

安全な機械の適切な調達

新しい機械または改造された機械の試運転時に考慮すべき事柄は?機械の調達時に安全面で考慮すべき点は?このセミナーでは、新品または中古の機械への投資の決定から機械の廃棄または販売に至るまでの全ライフサイクルについて解説します。さらに、機械を新しい場所で使用する場合の安全面での重要事項についても説明します。

内容と要点:

  • リスク管理と関連費用
  • 調達の戦略
  • 機械の納品 / 受け入れプロセス
  • 中古装置の購買
  • 設備・機械の国境を越えた移動

国を選択してください: こちら

安全なロボットの使用に関する要求事項

このトレーニングコースでは、ロボット安全の基本的な要件に関するすべての情報を提供します。ロボットシステム使用に関連するリスクアセスメント、リスク低減の一般的な対策、各種安全対策の使用などが含まれます。 さらに、安全の要件を考慮しながら、高い可用性と生産性を確保する方法についても言及されます。

内容と要点:

  • ロボットシステムの安全のための要求事項
  • ロボットセルの組み込みに関連する規格
  • リスクアセスメント
  • ロボットの保護対策および安全技術

国を選択してください: こちら

安全なロボットの使用に関する要求事項

安全な人とロボットの協働

安全な人とロボットの協働

人とロボットの協働によって、新しい技術やソリューションがますます求められています。怪我のない相互作用を保証するために必要な要件とは?CEマーキングの適合性評価手順の実行方法とは?HRC(協働ロボット)アプリケーションの評価や必要な対策を実装する際、考慮すべき点を解説します。

内容と要点:

  • 規格に準拠した安全ソリューション
  • リスクアセスメントとロボットおよびロボットシステムの安全対策
  • ISO/TS 15066の制限値に従った衝突測定

国を選択してください: こちら

 

お客様の国を選択していただくと、当社の全トレーニングコースにアクセスできます。

国を選択してください: こちら

お客様の国がリストにないか、または複数の国でトレーニング受講を希望しますか?以下の連絡先にお問い合わせください。

本社

Pilz GmbH & Co. KG
Felix-Wankel-Straße 2
73760 Ostfildern
ドイツ

電話: +49 711 3409-0
Eメール: pilz.gmbh@pilz.de

南北アメリカ

  • メキシコ: +52 55 5572 1300
  • ブラジル: + 55 11 4942-7028
  • 米国 (フリーダイヤル): +1 877-PILZUSA (745-9872)
  • カナダ: +1 888-315-PILZ (315-7459)

欧州

  • スペイン: +34 938497433
  • ドイツ: +49 711 3409 444
  • デンマーク: +45 74436332
  • アイルランド: +353 21 4804983
  • オランダ: +31 347 320477
  • ベルギー: +32 9 321 75 75
  • 英国: +44 1536 462203
  • スイス: +41 62 88979 30
  • イタリア: +39 0362 1826711
  • フィンランド: +358 10 3224030 / +45 74436332
  • スウェーデン: +46 300 13990 / +45 74436332
  • ロシア: +74956654993
  • フランス (フリーダイヤル): +33 3 88104000
  • オーストリア: +43 1 7986263-444
  • トルコ: +90 216 5775552

アジア太平洋

  • 韓国: +82 31 778 3390
  • ニュージーランド: +64 9 6345350
  • 中国: +86 21 60880878-216
  • 台湾: +886 2 25681600
  • 日本: +81 45 471 2281
  • オーストラリア: +61 3 9560 0621