日本 | 日本語

基本規格 (A規格+B規格) の概要

設備と機械の安全性の基礎

基本規格 (A+B規格)

規格は、メーカ、 消費者、認証機関、安全衛生機関および政府など、異なる利益団体間で結ばれた協定です。制定された時点の最新技術が記述されています。機械や製品の使用される場所により、さまざまな法規制が適用される場合があり、複数の規格を適用する必要があります。機械メーカが法的要件に適合できるためには、適切な規格を選択することが大切です。

基本規格 (A規格およびB規格)には、機械設備の安全のための設計、戦略、および運用に関する本質的な情報が含まれています。

最も重要な包括規格/A規格とB規格:

安全な設計  
設計のための一般原則 — リスクアセスメントおよびリスク低減

EN ISO 12100

安全装置の選択

 

固定および可動ガード(安全柵、バリア、カバー)

EN ISO 14120

ガードに関連付けられたインターロック装置 (安全扉のインターロックなど)

EN ISO 14119
予期しない起動の防止
EN ISO 14118
保護装置 (ライトグリッド、光線装置、スキャナ、感圧マットなど)

EN ISO 13856-1/-2/-3
EN 61496-1

両手操作装置 EN ISO 13851
アクセスを制限する調節可能な安全装置-固定式ガードおよび可動式ガード EN ISO 14120
非常停止 EN ISO 13850
追加の保護対策 - 機械類の安全性  
安全距離(上肢/下肢の保護) EN ISO 13857
人体部位が押しつぶされることを回避するための最小隙間 EN ISO 13854
人体測定、 機械類への接近、 接近する場合の開口部、人体測定データ EN 547-1/-2/-3
人体部位の接近速度に基づく保護設備の位置決め EN ISO 13855
機能安全および安全要求事項  
制御システムの安全関連部 EN ISO 12100, EN ISO 13849-1, EN / IEC 62061
空圧装置の安全要求事項 EN ISO 4414
油圧装置の安全要求事項 EN ISO 4413
電気装置 EN 60204-1, EN 60947-5シリーズ、DGUV規則3

 

安全装置は、作業者を機械の操作中に発生する恐れのある危険から可能な限り保護するために必要です。適切な安全装置を選択することは、製造業者の義務です。ただし、安全装置によりリスクが増大したり、作業が妨害されることがあってはなりません。可動部に安全装置を取り付けないという決定をした場合、正当化する明確な理由を提供することが製造業者にとって望ましいと言えます。

概要

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport-jp@pilz.com