日本 | 日本語

SPS IPC DRIVES 2018

日付: 2018/11/27 - 2018/11/29

欧州の主要な電気オートメーション展示会であるSPS IPC DRIVES 2018には、オートメーション分野のエキスパートが集結します。この機会に業界の新製品や革新技術、トレンドをご確認ください。

SPS IPC DRIVESのホール9、ブース370で、ピルツの包括的なソリューションをぜひご覧ください。

事前に当社の担当者と面談の予約が可能です。今すぐ無料入場券をお申し込みください。ぜひご来場ください!

SPS IPC DRIVESロゴ

会場

SPS IPC DRIVES (ニュルンベルク)

Pilz GmbH & Co. KG
Karl-Schönleben-Straße
Nuremberg exhibition centre

ウェブ: www.mesago.de/sps

今すぐSPS IPC DRIVESの無料入場券をお申し込みください

SPS IPC DRIVESの無料入場券をお申し込みください。登録番号1812322077で、以下のリンクからご登録ください (sps-messe.de/eintrittskarten)。お客様の入場券がEメールで送信されます。

SPS IPC DRIVES 2018展示会のピルツ出展情報

生産で使用されるセンサ技術

今年のSPS IPC DRIVESで、ピルツは安全センサ技術関連の製品とソリューションを中心に出展します。また、今年の展示会の目玉となるのは、実際に安全センサ技術を取り込んだピルツのスマートファクトリーです。

  • ぜひご来場の上、ピルツのインテリジェントセンサソリューションをご覧ください。人と機械を保護する動的な圧力検出マットPSENmat安全レーザスキャナPSENscanおよびモジュラ式安全扉システム
  • 新しいサービスロボット用モジュールと協働し、産業や非産業環境でお客様独自のアプリケーションを実装することができます。
  • オートメーションソリューションが、モジュラ式生産設備で効率的かつユーザフレンドリに課題を解決できるところをご体験ください。

未来の着想に対応するインテリジェントセンサ技術

センサ技術

オートメーションでは、センサ技術がますます重要になっています。エリアとスペースの監視から品質管理、安全扉および人とロボットが関わるアプリケーションの安全確保まで、センサが最適です。ニュルンベルクで、ピルツが幅広いアプリケーションに実際に採用している各種モジュールをご覧ください。

新しいモジュラ式安全扉を導入すれば、安全扉ガード用のソリューションを個別に作成して、故障時にもすばやく診断できるようになります。動的な圧力検出安全マットにより、バーチャル押しボタンを使って1つの装置で監視機能と制御機能を実現します。ピルツは、生産エリア監視用の新しい安全レーザスキャナPSENscanも出展します。

ロボット安全分野のトータルソリューション

ピルツは、お客様が安全な規格準拠のロボットアプリケーションを実現できるようお手伝いします。SPS IPC DRIVESにピルツは、新しいサービスロボット用モジュールを出展します。実際にモジュールの性能とロボットシステムの動作をご確認ください。

ニュルンベルクでは、アームを2本備えたロボットが、無人搬送システムにより手動のワークステーションに運ばれ、オペレータに安全に引き渡されたワークピースを梱包する様子もご覧いただけます。ワークピースは、動的な圧力検出安全マットPSENmatの操作コンセプトを使用して引き渡されます。以上の他、ピルツのトータルなロボット関連サービスポートフォリオも展示会でご紹介します。ピルツのエキスパートが、ロボットセルと人とロボットの協働 (HRC) 関連の安全センサ技術製品について、喜んでご提案します。

サービスロボット用モジュール

ピルツのスマートファクトリーが実現する最高の柔軟性

スマートファクトリーでIndustrie 4.0を体験

インテリジェントネットワークと柔軟な生産体制は産業に大きなチャンスをもたらします。柔軟な生産体制が定着すると、最適の能力で機械を運転することができます。未来のスマートファクトリーに対応する革新的なオートメーションソリューションもピルツブースの目玉です。

ニュルンベルクでは、Industrie 4.0に対応するモジュラ式の実用的アプリケーションも出展します。このアプリケーションは、市場の変化にすばやく対応して、柔軟な生産体制を確保します。実際にスマートファクトリーをご覧いただき、会場でお客様のご来場記念品をお作りください。スマートファクトリーに採用される製品は、センサ、ドライブからコントローラ、ロボットまで、すべてピルツ製です。

トータルオートメーションソリューションを実現する革新的な新製品!

当社の以下の製品およびサービスの最新情報を独占的に、事前にご覧いただけます:

SPS 2018で紹介される新製品を今から確認!

詳細情報: SPS IPC DRIVES 2018カウントダウン

アナログ入力モジュールPNOZ m EF 4AI

PNOZmulti 2によってアナログ入力信号を安全に監視

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の製品レンジが拡張され、アナログ入力モジュールPNOZ m EF 4AIが追加されました。PL e/SIL CL 3までのプロセス値を安全かつ正確に監視できます。

小型コントロールシステムPNOZmulti 2向けの安全アナログ入力モジュール

詳細
サーボモータPMCtendo SZ

サーボモータPMCtendo SZ、HIPERFACE DSL(R)搭載

ドライブ技術では、単線技術をお選びください!純粋なデジタルモータフィードバックプロトコルHIPERFACE DSLがサーボモータPMCtendo SZでも使用可能になりました。周波数変換機とモータフィードバックシステム間にケーブルが1本だけ必要です。詳しい情報は、こちらをご覧ください。

サーボモータPMCtendo SZ、HIPERFACE DSL(R)搭載
オペレータターミナルPMI 6 primo

オペレータターミナルPMI 6 primo - PLC、モーション、CNC機能搭載

新しいオペレータターミナルPMI 6 primoにPLC、モーション、CNC機能が搭載されました。利点の詳細をご覧ください。

オペレータターミナルPMI 6 primo
モーションコントロールシステムPMCprimo C2

モーションコントロールシステムPMCprimo C2 - さらにパフォーマンス向上

パワフルなモーションコントロールシステムPMCprimo C2には、PLCモーションコントロールやCNC機能が搭載され、すべての制御タスクの実装をサポートします。

モーションコントロールシステムPMCprimo C2
PSENopt IIボディプロテクションライトカーテン

堅牢なボディプロテクション用ライトカーテンPSENopt II

フィンガー/ハンドプロテクションだけでなく、ボディプロテクション対応バージョンがライトカーテンPSENopt IIに加わりました。極めて堅牢なボディプロテクションライトカーテンは、損傷を受けづらく、機械の可用性が高まります。ぜひ会場でご覧ください!

PSENopt IIボディプロテクションライトカーテンについて
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp