日本 | 日本語

ロボットの安全なアプリケーションの要件

目的

参加者がロボットの基本的な安全要件を理解することが目的です。このトレーニングコースでは主にロボットシステムの使用に関連したリスクアセスメントについて扱います。これらのリスクは、通常の機械のリスクとは異なる点があります。リスクを低減する一般的な対策と、さまざまな安全戦略の用法を紹介しています。また、安全要件を考慮しながら高可用性と生産性を保証する方法も説明します。

基礎

内容

  • EN ISO 10218などの規格の実際の適用
  • ロボットセルへの安全の組み込みに関連した規格
  • ロボットセルの危険評価
  • ロボットの保護対策および安全技術の基本
  • ロボットセルへの安全な入室
  • ロボットセルの危険な動力の制御
  • ロボットシステムインテグレーションの最も一般的な安全エラー
  • リスク低減の一般的対策

対象者

  • ロボットシステムの適合性維持を担当する技術者(機械設計者を含む)
  • ロボットシステムインテグレータ
  • メンテナンス担当
  • 安全管理者
  • 生産部門のプロジェクトエンジニア

さまざまな利点

  • 関連する規格と指令の正しいアプリケーションと実施方法の学習
  • 生産性を高めるために安全ソリューションの複雑さを低減
  • 設計段階から起こりうるリスクを考慮して優先度を設定
  • ロボットセルの安全面から既存の設備を評価

注文番号 1T000051
日時 1 日
定員
価格
詳細情報
トレーニングフォーム
日程とお申し込み
要求時
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp