日本 | 日本語

オートメーションシステムPSS 4000とPSSu PLC – プログラミングとサービス

目的

オートメーションシステムPSS 4000のトレーニングでは、コンポーネント指向のプログラミングのメリットを学びます。また、I/Oモジュールを使用したPSSuniversalシステムの機能制御とSafetyNET pによる通信のオプションについても説明します。分散制御システムのシンプルかつ多様なコンフィグレーションについて、ソフトウェアプラットフォームPAS4000を使用して紹介します。さらに、トレーニングシステムのサンプル演習を作成してテストします。トラブルシューティング機能の使い方についても説明があります。

上級

内容

  • EN/IEC -61131-3プログラミングの基本と各種プログラミング言語
  • 最先端の安全技術の紹介
  • 物理設計: デバイス、コネクタおよびケーブル
  • システムアーキテクチャとネットワーク
  • 安全関連通信、SafetyNET p ネットワークコンフィグレーション
  • 安全とオートメーションの通信
  • Pilz Automation Suite (PAS4000) の理解
  • プログラムエディタPASmultiの基本
  • コンポーネントベースプログラミングの演習
  • SafetyNET pの基本: RTFN/RTFLプロトコル
  • Ethernetの基本、物理特性: トポロジ、ネットワークの拡張
  • 診断オプションと簡単なトラブルシューティング
  • 各種通信システムへの接続
  • データバックアップとファームウェア

対象者

  • プロジェクトエンジニア
  • 設計エンジニア
  • プログラマ
  • 試運転エンジニア
  • メンテナンスエンジニア

要件

  • 電気エンジニアリングの基礎知識
  • 機械エンジニアリングの基礎知識

メモ

  • このコースでは、PSSuniversal PLCをPSS 4000オートメーションシステムの一部として扱います。関連するハードウェアは次の通りです。PSSu H PLC1 FS (xxx)、例: PSSu H PLC1 FS SN SD
  • サービス、構造化テキスト言語プログラミング、安全電子式ロータリーカムのプログラミング、鉄道モジュールのプログラミングの4つのモジュールは中級コースで扱います。

注文番号 1T000066
日時 4 日
定員
価格
詳細情報
Training Form
日程とお申し込み
要求時
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp