日本 | 日本語

機械安全の基礎

目的

このトレーニングコースでは、産業安全技術に関する詳細な知識を学びます。機械安全に関連する重要な分野の能力を高めることができます。主にCEマーキング、保護方策、安全部品、EN ISO 13849とEN IEC 62061に準拠した制御システムの設計と妥当性確認を中心に扱います。これは、機械安全を促進する規格と法令の基盤となるものです。

基礎

内容

  • 国際/国内の法令と安全規格の反復
  • CEマーキングなどの機械指令
    - 機械指令の要件
    - 関連する欧州の法令
    - 基本的な安全衛生要件
    - 重要な規格 (機械指令およびその他の指令との整合規格)
  • リスクアセスメント
    - 機械の制限
    - 機械のリスクアセスメントに適用される規格
  • 保護方策とシステムの概要
  • 電気的安全 (EN IEC 60204/NFPA 79): 機械の電気安全の一般要件
  • ロックアウト・タグアウト – 危険な動力源の制御
    - LoToプロセスの概要
    - LoToの手順
  • 安全設計
    - 安全関連部と保護方策
    - 機械の安全防護規格
  • ロボットの安全
    - 評価と安全防護物
    - 適用される規格と法令
  • コントローラの安全部品
  • 安全コントローラ規格EN ISO 13849/EN IEC 62061の概要

対象者

  • 設計エンジニア
  • プロジェクトマネージャ
  • プランナー

備考

トレーニングコース「機械安全の概要」が参考になるでしょう。

注文番号 1T000158
日時 2 日
定員
価格
詳細情報
Training Form
日程とお申し込み
要求時
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp