地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

ロックアウト・タグアウト: 危険なエネルギーの制御

ロックアウト・タグアウト: 当社の安全サービス

ロックアウト・タグアウト: 危険なエネルギーの制御

産業に従事する労働者に潜在的なリスクをもたらすエネルギー源が多数存在します。従って、北米連邦規則集(CFR)タイトル 29、 CFR 1910.147および欧州職場規則(European Workplace Regulations)は、 機械やその他の職場の設備がエネルギー源から分離され、不意に再起動することを防止するよう保護されることを義務付けています。

ロックアウト・タグアウト - 欧州で増えているアプローチ

ロックアウト・タグアウト (LOTO)プログラムは欧州での使用が増え、北米のみの安全アプローチと言う見方はされなくなりました。世界中でますます多くの企業が独自のLOTO手順書を作成していることから、産業界が最善の取り組みを選択する傾向があることがわかります。

ピルツはお客様のロックアウト・タグアウトサービスのパートナー

欧州の法律は職場でLOTOプログラムを実施する要求はしていませんが、法律上の具体的な要求に対してLOTO手順が最もふさわしいソリューションである例は存在します。北米連邦規則集(CFR)タイトル29、CFR 1910.147に準拠するLOTOプログラムが世界中の設備で実施されています。タイトル21、CFR 1910.147により、企業は最小限以下を組み込むことを要求されます。

1. LOTOの全体的な方策の開発
2. LOTO手順書の必要な機械のリスト作成
3. 機械のロックアウト・タグアウトに必要な装置をすべて準備
4. 特定された機械のLOTO手順書を作成
5. 危険なエネルギーの認識とLOTO手順のスタッフへの指導

ピルツは2部で構成されるトータルなロックアウト・タグアウトシステムのパッケージを提供します: LOTO分析とLOTO手順書の作成です。両方のソリューションが当社のお客様に適した実用的なパッケージに組み合わされます。

ロックアウト・タグアウトの一部として、ピルツは以下を提供します。

  • 危険なエネルギーの安全制御を保証するためのカスタマイズされたロックアウト・タグアウト手順書の作成
  • 既存の設備や手順の分析
  • 法的な要求事項に準拠する新しい手順の作成
  • わかりやすいグラフィックを用いたロックアウト・タグアウトプラカードを装置に取り付け
  • 小さいメンテナンスタスク実行時に、エネルギー源をすべて分離する必要がない場合の機械タスクのために開発された代替手段

ロックアウト・タグアウトサービスの利点

  • お客様の設備にロックアウト・タグアウトを簡単、安全、効率的に実装
  • ピルツの作成する個別の機械に対応するLOTO手順をお客様の設備で活用
  • 他の安全対策や設備の部分的な動力遮断を利用できるメンテナンス作業を明確に識別
  • LOTOサービス (ロックアウト・タグアウト)で生産性向上

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

ピルツジャパン株式会社 営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp