日本 | 日本語

オートメーションシステムPSS 4000によって、地下鉄のダイヤがより正確に

PSS 4000-Rは、信頼性が高く、パワフルで、高い効率を発揮

旅客輸送事業者であるDe Lijn社は毎年、アントワープとその周辺で5億人以上の旅客を輸送しています。アントワープ地下鉄網の鉄道制御システムの一部が、年代を感じさせるようになりつつあります。古い技術から、ソフトウェアベースのオートメーションシステムPSS 4000-R(ail) に変更することで、信頼性とパワーが向上し、より高い効率を実現できます。この技術はモジュラ式で交換できるため、鉄道の運行への影響を最小限にとどめることができます。

鉄道運行管理用の認定オートメーションシステム

地下鉄の3路線が、アントワープ中心部の地下の「トライアングル」と呼ばれる場所で交差しています。ここでは、制御システムと監視システムによって、複数の列車が同時に駅に入ることがないようにしています。従来の技術はだんだんと故障しやすくなってきていました。そのため、対策を取る必要がありました。2015年からは、PSS 4000-Rによって、制御タスクおよび安全タスクを行っています。2本の列車がほぼ同時に到着する場合には、オートメーションシステムがどちらを優先させるかを決定します。PSS 4000-Rは、ポイントと光信号の制御および監視に加え、2本の列車が限度以上近づかないように監視する、道床に設置されたセンサと検知器の制御および監視も行います。

すべての方策は、ポイントノード、信号技術、制御盤の電気的技術インフラに影響を与えることなく、段階的に実装することが可能です。技術は高度に標準化されているため、具体的なタスクに個別に合わせることが簡単にできます。

PSS 4000-Rは、センサを制御することで、2本の列車間の最短距離を維持

さまざまな利点:

  • SIL 4適合鉄道用オートメーションシステム
  • RモジュールはCENELEC認証要件に適合
  • 制御盤内がコンパクトで省スペース
  • フレキシブルでモジュラ式かつ段階的な設計が可能で、迅速な導入が可能
  • 1つのシステムで制御タスクと監視テスクの両方が可能
鉄道用オートメーションシステム

「当社にとってPSS 4000-Rは、今後数年間で軌道の他の部分をより安全かつ信頼できるものにしていく上での最適な基盤となるものです。ピルツの優れたサポートやアドバイスのおかげで、作業は順調に前進しています」

De Lijn社電子エンジニア、Guido Maesschalck氏
De Lijn社ロゴ

De Lijn社について

De Lijn社は、ベルギーの大アントワープ圏で運行する地域旅客輸送事業者で、年間5億人以上の旅客を輸送しています。ベルギーのフランドル地域に大規模な路線バス網を持つと同時に、路面電車の運行も行っています。

当社の製品レンジ:

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp