日本 | 日本語

PSS 4000オートメーションシステムで機関車を安全に移動

PSS 4000オートメーションシステムで機関車を安全に移動

鉄道技術に特化するSchweizer Electronic AGは、機関車の建設現場、踏切、無線遠隔制御システムを保護する革新的なソリューションを提供しています。ボンバルディアからの貨物列車の遠隔制御で、オートメーションシステムPSS 4000-R(ail)が受信機と列車制御間のインタフェースとして、信号の実行可能性と一貫性をチェックし、要求されたSIL3に準拠する安全性を保証しています。

PSS 4000 railは複雑な安全および制御タスクに対応

ボンバルディア線の列車はSchweizer Electronicの無線遠隔制御システムLocControl100を搭載し、運転手なしで貨物列車の切り離しや連結を行えます。手動制御から、入換担当者は最大1,000mの距離まで機関車を前後に移動し、ブレーキをかけ、加速します。制御システム、プログラミング、妥当性確認および資料作成を担当したSchweizer Electronicは、電気技術的、制御技術的に、その他の性能や安全機能を実装する最善の方法を明確にする必要がありました。

オートメーションシステムPSS 4000-Rは安全関連信号の制御および監視を実行します。たとえば、機関車が指定された移動速度を超えると、システムが自動で列車を停止します。鉄道モジュールは、鉄道の環境にありがちな電磁妨害、極端な温度、機械的負荷への耐性が高い特長があります。

PSS 4000 railは複雑な安全および制御タスクに対応

さまざまな利点

  • SIL3適合無線遠隔制御システム
  • 鉄道技術で様々なアプリケーションに対応
  • 複雑な安全および制御機能に対応
  • 鉄道の自動運転の柔軟性と生産性が向上
  • CENELEC認証取得
  • TÜV認証、高コストパフォーマンス、標準使用可能
PSS 4000オートメーションシステムで機関車を安全に移動

「当社は高効率かつ高い費用対効果でさまざまな要件を実装するために、安全で使いやすいパワフルなソリューションを探していました。オートメーションシステムPSS 4000-Rこそが当社の求めていたソリューションだったのです!」

Schweizer Electronic社、無線システムプロダクトマネージャ、Thomas Koch氏
Schweizer Electronicロゴ

Schweizer Electronicについて

スイスのライデンに本社を置くSchweizer Electronicは、欧州および海外において、近年、鉄道関連の技術や専門知識で有名な企業になりました。150名の従業員を擁する同社は、貨物用機関車の建設現場、踏切、無線遠隔制御システムの安全対策向けの革新的なソリューションに特化しています。

ピルツの製品レンジ:

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp