日本 | 日本語

光電センサ

光電センサによるバリアフリーの安全

光電センサ

生産プロセスに介入しなければならないときも、光電センサが設備と機械を最大限に保護します。ピルツの光電センサには、ライトバリヤPSENoptから安全レーザスキャナPSENscanまで幅広い製品が含まれます。

ライトカーテンPSENoptは、EN/IEC 61496-1に準じたフィンガー/ハンド/ボディプロテクションを、要件に応じて実現します。スペース重視のアプリケーションにも、あるいはミューティングブランキングカスケード接続などの高度な機能にも対応: ピルツはお客様の要件に最適なライトカーテンをご用意しています。安全レーザスキャナPSENscanは、2次元エリア監視に適しています。

ピルツの制御技術とともに、お客様のアプリケーションに対応する安全のトータルソリューションを提供いたします。また当社の総合的なアクセサリによって、あらゆる機械で柔軟なアプリケーションを実現します。

光電センサ: 利点と特長

  • エルゴノミクスを考慮したワークフローで生産性向上
  • 設備への組み込みが迅速
  • 簡単な操作とメンテナンス
  • バリアフリーの安全性
  • コンパクト設計により省スペース
  • EN/IEC 61508、EN/IEC 61496-1に適合、認証取得

 

光電センサのアプリケーション

安全レーザスキャナの用途

安全レーザスキャナを使った最適な危険ゾーン防護

必要とする危険ゾーンの安全防護およびアクセス監視が固定式であっても可動式であっても、安全レーザスキャナPSENscanはお客様のアプリケーションに最適なソリューションを提供します。検出角度275°で2次元エリア監視を実現します。保護フィールドと警告フィールドを自由にコンフィグレーション可能で、構造条件に合わせて変更できます。そのため、PSENscanはさまざまなアプリケーションに容易に組み込み可能です。

 

あらゆる産業およびアプリケーションに対応するライトバリヤ

PSENoptを使用すると、従業員と生産財を安全、効率的、経済的に保護できます。赤外線ライトバリヤによる目に見えない保護フィールドが、危険ゾーンから守ります。光ビームが遮られた場合、安全シャットダウンコマンドが直ちにトリガされます。ミューティング、ブランキング、またはカスケード接続 (あるいはそのすべて) により、ライトバリヤを設備に最良の形で導入可能になります。このため、さまざまな産業およびアプリケーションに適しています。

ライトバリヤの用途

ピルツ - 安全装置検査のパートナー

ドイツの認証機関 (DAkkS) よりISO/IEC 17020:2012にて認定されたPilz GmbH & Co. KGの独立検査機関 (ドイツ、オストフィルダン) は、国際的効力を有する安全検査をお客様の電子感応式保護装置に対して実施する際のパートナーとしてサポートします。

詳細情報: ピルツのESPE検査

DAkkSよりISO/IEC 17020:2012適合の認証取得

ライトカーテンの産業用途

製品レンジ: 光電センサ

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp