日本 | 日本語

産業サイバーセキュリティの導入は人と機械を危険から保護します。

産業サイバーセキュリティ

生産とITのネットワーク化が進むに連れ、不正操作のリスクが増大します。産業サイバーセキュリティの導入は、人と環境を危険から守るだけでなく、 装置、設備および機械を不正アクセスや不正操作から保護することが目的です。ITに対する攻撃は機能安全にも悪影響を及ぼす可能性があるため、これが設備や機械の機能安全を保証する唯一の方法です。

新製品: 不正操作を排除!

SecurityBridgeは制御システムを保護

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2とオートメーションシステムPSS 4000を不正アクセスから保護します!SecurityBridgeを使用して、ピルツコントローラを安全に使用できます!

SecurityBridge - さらに詳しくお読みください!

”Security”ホワイトペーパー - 重要事項の総まとめ

デジタル化によって、工場の設備がネットワーク化されるばかりでなく、あらゆるセキュリティの抜け穴が攻撃に悪用される可能性があるため、スパイ行為や不正操作と言った新しい危険ももたらされます。セキュリティ、言い換えるとデータのセキュリティは、ますます重要になっています。このホワイトペーパーは、セキュリティの最も重要な内容を解説し、実際の対策に役立つ情報でお客様を支援します。 

ホワイトペーパーでは、以下の質問に回答します:

  • セキュリティとは?またセキュリティの安全に対する影響は?
  • セキュリティがオートメーションに果たす役割とは?
  • どのような脅威が存在するのか?
  • セキュリティの評価方法
  • セキュリティ対策と実行方法
産業サイバーセキュリティホワイトペーパー

オートメーション技術の産業サイバーセキュリティ

オートメーションの世界がITの世界に統合されます。このことは、人の保護 (安全性) と機械の機密データ (セキュリティ) の両方に対する新たな課題を提示しています。安全面に関しては、セキュリティの問題が機能安全にどの程度影響するかをチェックする必要性があります。Harald Wessels (Pilz GmbH & Co. KG、製品技術部、 プロダクトマネージャ) が、産業セサイバーキュリティが重要になっている理由、安全とセキュリティをリンクさせる方法、そして将来直面する課題について説明します。

産業サイバーセキュリティの規格の基礎

人間とロボットが協力して作業し、オートメーションの世界とITの世界が融合すると、安全に関する要求が高まります。人と機械ばかりではなく、データと専門知識についても、脅威、不正アクセス、誤用から高い信頼性で保護する必要があります。インタビューでは、Bernd Eisenhuth (Pilz GmbH & Co. KG、カスタマーサポート、CMSE) が、産業サイバーセキュリティの規格の基礎と満たす必要のある産業サイバーセキュリティの要件について説明します。

ピルツセキュリティ勧告書

以下のリンクに、当社製品に関するセキュリティの脆弱性分析を記載したセキュリティ勧告書を発行しています。当社のセキュリティ勧告書では、これらのセキュリティの脆弱性を、ソフトウェア更新などによって改善する方法をご確認いただけます。

ピルツセキュリティ勧告書(英語版)のダウンロード

ピルツセキュリティ勧告書

ピルツのIndustrie 4.0の詳細

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport@pilz.co.jp