日本 | 日本語

ピルツのIndustrie 4.0

当社は、当初からIndustrie 4.0に積極的に関わってきました。

実証と研究プラットフォームSmartFactoryKLの会員として、当社はIndustrie 4.0の統一規格の確立に積極的に関わっています。このプラットフォームは、Industrie 4.0のビジョンが実現する革新的なファクトリーシステムを試すことを目標としています。

当社は、生産ラインで他のSmartFactoryKL のパートナーと連携し、Industrie 4.0.の中心となる実用的なアプリケーションを実証しています。ピルツのストレージモジュールがワークピース搬送装置用のインテリジェントな自動ストレージとして使用されます。また、ピルツの制御システム、各種センサ、駆動技術、ネットワークインフラストラクチャコンポーネント、および操作/仮想化システムを使用します。

ピルツの生産におけるIndustrie 4.0

ピルツが実現するインテリジェントな生産

当社にとって、Industrie 4.0はイニシアチブではなく、すでに 生産プロセスにおいて実現しています。社内で開発したインテリジェントワークピース搬送装置を使用しています。これにより、回路基板の装着プロセスとはんだ付けプロセスが加速化し、簡素化されます。ワークピース搬送装置はRFIDチップを内蔵しており、シャフトのはんだ付けから組み立てユニットまでの経路を自動的に検出します。

ピルツの予測可能なメンテナンス

生産制御のため、機械データを慎重に収集、加工していきます。このデータを評価することにより、機械の状態と摩耗レベルの変化に関する重要な情報が生成されます。これにより、メンテナンスを予防的に実施できます。

予測可能なメンテナンスにより、不具合やダウンタイムを回避できます。作業文書の最新バージョンもPilz Cloudに保存することができます。そうすれば、データと資料はすべて、いつでもリアルタイムで入手できるようになります。生産工程では、すべてのモバイル端末をどこからでも呼び出せるようになります。

ピルツの予測可能なメンテナンス

統合生産におけるIT

Industrie 4.0の安全性とセキュリティ

ネットワーク化した生産により、ITセキュリティの需要が増加します。このため、当社はすべてのデータトラフィックを監視する包括的なセキュリティインフラストラクチャを調査しています。その対策には、最新規格に対応した独立したコンピュータセンタが含まれます。プロトコルデータやその他のあらゆるデータを継続的に分析することにより、早期に異常を検出できます。

また、異なるファイアウォールシステムを個別の生産現場にインストールするため、必要なセキュリティレベルをゾーンごとに個別に決定できます。停止および安全リスクが回避され、ノウハウが保護されます。

ピルツは現在、以下の委員会とイニシアチブに参加しています。

「ピルツシンクタンク4.0」

IT部門と生産技術部門の協力はIndustrie 4.0にとって極めて重要であり、当社にとっても最優先事項です。特別に結成された「ピルツシンクタンク4.0」は、生産とITのメンバーを1つにまとめて、Industrie 4.0の共同プロジェクトを計画および実施するために必要なリソースを準備しています。

 

ピルツシンクタンク

ピルツのIndustrie 4.0の詳細

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp